« 14回エコ甲佐賀大会(その6) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その8) »

2019年12月21日 (土)

14回エコ甲佐賀大会(その7)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 先日のテレビ東京の「鉄道沿線ひたすら歩き旅」で、笠井信輔が歩くのが遅れて、福澤朗が「局を離れてフリーで働くことの厳しさを思い知らせてやろう」と言っていましたが、今になって見ると結構まずい感じがします。

――――(ここまで)――――

 報道を見ると、どうやらこの番組で体の異変に気づいたようです。そう思って録画を見ると、かなり危険を感じます。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。7問目、預金についてで早稲田佐賀の女子が正解。8問目、国際機関で早稲田佐賀の女子が連取します。

 D組は弘学館の女子、弘学館の女子、三養基の女子、早稲田佐賀です。弘学館の1チーム目は「ONE TEAMで頑張ります」と言います。1問目、国際的な問題で早稲田佐賀が正解。2問目は借金に関する政策でスルー。3問目、通貨についtで早稲田佐賀が正解です。4問目、社会の授業で必ず出てくる用語で弘学館の2チーム目が正解。5問目、産業の分類で同じチームが連取します。6問目、ITによる最近の動きで早稲田佐賀が勝ち抜け。7問目、経済理論の用語で三養基が正解です。
 8問目の正解はリーマンショックですが、弘学館のリーチのチームがサブプライムローン問題と答えて不正解。問題文で「リーマンブラザーズが破綻したことをきっかけに」と言っているので、まさかリーマンショックだとは思わないでしょう。これは問題が悪い。この後、日常生活。

|

« 14回エコ甲佐賀大会(その6) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲佐賀大会(その6) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その8) »