« 14回エコ甲岐阜大会(その13) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その1) »

2019年12月14日 (土)

14回エコ甲岐阜大会(その14)

 先日こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 第1回は、高校生のレベルを把握できずに、変な問題が結構出ています。芸能問題だと、中森明菜が「スター誕生!」の決勝大会で歌ったのは誰の曲という問題がありました。なんでそんな1テレビ番組の中での出来事を知識として試されなければいけないのか。

――――(ここまで)――――

 「日本人のおなまえっ!」を見ていたら、高山一実がオーディションで山口百恵の「夢先案内人」を歌ったと言いました。するとミッツ・マングローブが「中森明菜ちゃんと同じじゃない。明菜ちゃんも『スター誕生!』の決勝大会で夢先案内人を歌ったんだよ」。こういう知識もマニアでは共有されていることがわかりました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。十六銀行賞が当たったのは多治見西です。閉会のあいさつで、過去に岐阜が全国大会で準優勝したと言います。そして記念撮影ですが、この地区はなんと、エコ甲岐阜大会のためだけの横断幕をわざわざ作っています。

 取材に来たメディアをわざわざ紹介します。中京テレビは今夜の「バンキシャ!」のローカルニュース枠で流れるそうです。他にテレビ愛知やぎふチャンや地元ケーブルテレビなど。

 15時半過ぎに終わって帰ろうとしたら、美人の司会がやってきます。そして、入構証を返すときに必要な面会相手のハンコを押してくれます。というかこれまで十六銀行はそんな手続きなかったぞ。それにしても、私は来年も岐阜大会には行かなければならないことが確定しているのか。

|

« 14回エコ甲岐阜大会(その13) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲岐阜大会(その13) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その1) »