« 14回エコ甲茨城大会(その4) | トップページ | 14回エコ甲茨城大会(その6) »

2019年11月16日 (土)

14回エコ甲茨城大会(その5)

 水曜日の広島FMの「9ジラジ」で、エコノミクス甲子園広島大会の模様が放送されています。問題もわかりますし決勝のルールもわかります。そして、出場者は茨城大会と同じミスをするということがわかりました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、借金に関して問題になることで、土浦第一が連取。3問目、税金逃れについてで、土浦第一があっという間に勝ち抜けです。押すのが非常に早くて、クイズ研かと思われます。
 4問目、江戸川学園取手が早く押して「直接金融」と答えて不正解。「ですが」で間接金融でした。5問目、国の制度で並木中等教育が正解。この対戦は、イメージの悪い言葉ばかりが答えになっています。6問目は最近の経済の流れで並木中朝教育が連取。7問目、略語を答える問題で「外国為替取引の」で並木中等教育が正解。ここも勝ち抜けます。
 8問目、貿易に関する問題で江戸川学園取手が正解。4チームの得点は0、15、20、5です。

 B組は江戸川学園取手、古河第三、常総学院の混成、江戸川学園取手です。練習問題は「ラグビーワールドカップ日本大会で優勝したのはイングランドである」。
 1問目、リーマンショックに関する問題で古河第三が正解。2問目、医療費の問題で常総学院が取ります。3問目、情報に関する問題で古河第三が正解。4問目、「安倍内閣の政策」だけで常総学院が押して不正解。これだけではわからない問題ですが、広島大会の録音でも、まったく同じところで押してまったく同じ間違いをしていました。この後、また連続。

|

« 14回エコ甲茨城大会(その4) | トップページ | 14回エコ甲茨城大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲茨城大会(その4) | トップページ | 14回エコ甲茨城大会(その6) »