« 25回近畿大会(その13) | トップページ | 25回近畿大会(その15) »

2019年11月 5日 (火)

25回近畿大会(その14)

 この前これを書いたばかりですが、

――――(ここから)――――

会場はシーサイドももち海浜公園です。福岡ドームの隣ですが、
当時はヤフオクドームという名前になっていません。

――――(ここまで)――――

 その直後にヤフオクドームでなくなるとは思いませんでした。

 それでは25回近畿です。

――――(ここから当時の引用)――――

 Leadも頼んで、敗者復活戦をやることになりました。すると、この会場からかなり離れた場所に敗者復活を示すのぼりが立って、ここまでダッシュしろと言います。これによってLeadから目をそらさせようとするのか。しかしLeadさえ見れば敗者復活など関係なく帰る女子チームもかなり多い。
 勝者側のクイズと敗者復活戦がリンクしていますが、近畿は他と同じ企画をやったりしません。

 ペーパークイズと敗者復活戦が同時にスタートします。ペーパークイズは制限時間30分。チームの3人はひもで体を結んでいて、会場の最後方から前へ向けて、10問の問題を解きながら進みます。後戻りすることはできません。問題は看板に書かれていて、ズバリ知識の問題もありますが、むしろ、いつまでも考えれば解けるようなパズル的な問題が多い。「サトシからクイズ」(有名人の名前のアナグラム)とか。
 その中で1問目、5問目、10問目は我々には問題がわかりません。これらは、運動会の障害物競走で飴を探す小麦粉の箱に、問題が入ったカプセルを入れてあるのです。それを口で取り出します。必ずチームの3人が1問ずつやらなければなりません。

――――(ここまで)――――

 アナグラム、改めて考えましたが、わかるのに10分ぐらいかかりました。桜井和寿は答えとしては難しすぎて不適切な気がします。

|

« 25回近畿大会(その13) | トップページ | 25回近畿大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25回近畿大会(その13) | トップページ | 25回近畿大会(その15) »