« 24回福岡大会(その4) | トップページ | 24回福岡大会(その6) »

2019年10月11日 (金)

24回福岡大会(その5)

 先日、都営新宿線で、乗り入れてくる京王電鉄の車両に乗ったら、扉に張ってあるステッカーが、この本の広告でした。

 以前はここに、ナナマルサンバツの広告が出ていたこともありました。これはクイズ車両か。

 それでは24回福岡です。

――――(ここから当時の引用)――――

 5問目は正解が圧倒的少数。パワーが3チーム、バランスが10チームで、パワーはさらにクイズを続けなければなりません。次の6問目も正解は3チームでほとんど不正解です。まだ○×が終わりません。7問目。正解を出す前に、正解した方は全員勝ち抜けと言います。12時前にようやく終わりました。

 大塚愛のVTRがここでは、○×クイズが終わったところで流れます。オープニングでは高校生が舞台から遠く離れていて見えないからですね。ところで、この会場にはパワーの決勝のセットの骨組みがありません。昨年は仙台大会だけ移動がありましたが、今年はこの福岡大会で移動があるのか? しかし会場の手がかりはつかめません。ただ、見たことのない四つの台が置いてあるのを見つけましたが、これが代わりのパワーの決勝で使うものなのか?

――――(ここまで)――――

 このときのマクラでこんなことを書いていました。

――――(ここから)――――

 同僚に、テレビ東京の「日本のタクシー大冒険」のゴールに大前がいるんじゃないかと思ったと言われました。私はそのようにどこにでも行くと思われているんですね。日本のタクシー大冒険といえば、おもしろかったのは、ブラジルに入国するときに運転手が大鶴義丹に「ブラジルといえば大鶴さんのアレですね」と言ったことです。

――――(ここまで)――――

 この番組なつかしい。日本からタクシーを持っていって、大鶴義丹が南北アメリカ大陸を縦断するというものです。ちょうど大鶴が離婚した直後です。

|

« 24回福岡大会(その4) | トップページ | 24回福岡大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24回福岡大会(その4) | トップページ | 24回福岡大会(その6) »