« どこで知るか | トップページ | 24回福岡大会(その2) »

2019年10月 7日 (月)

24回福岡大会(その1)

 先週の「チコちゃんに叱られる!」で、キョエちゃんが1日文化庁長官というのをやって、最初の仕事として、上がってきた書類を次々決済していましたが、あいちトリエンナーレに補助金を出さないことを決めたのはキョエちゃんだったのだろうか。

 さて、当ブログは15年目に入っていますが、長く続けるための準備として、書くことがないときのために、パソコン通信時代に書いた大量の文章を用意していました。実に3年ぶりに使います。今回は24回福岡大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 NHKのBSハイビジョンで「列島縦断 鉄道12000kmの旅」の総集編をやっていましたが、私は職場で、それまで話したこともないような何人もの人から、あの番組を見てるかときかれました。確かに私はこの番組を見るためにBSデジタルが見られる設備を買いましたし、肥前山口駅の中継現場にも行きましたが、私がそういう人間だということがわかるんですね。

 さて、7月30日に大阪大会がありましたが、台風はまだ居座っています。こちらが福岡に向かうのを追いかけるように台風が西に向かいます。私は実家にいますが、交通が寸断していて、8月2日の福岡大会に行けるのかわかりません。幸い、31日の夜から1日の朝にかけてが中国地方縦断で、朝鮮半島の方に抜けました。なんとか1日の夜行は動きます。

――――(ここまで)――――

 15年前ですが、まだBSデジタルは一般的ではないんですね。あと、「列島縦断 鉄道12000kmの旅」の手法はずっと受け継がれていて、当時から今の「にっぽん縦断こころ旅」まで出続けているディレクターがいます。

 台風で西日本の交通が寸断って、今週末みたいですが、当時は関西から九州へ行ける夜行列車があったことがわかります。ムーンライト九州、よく使いました。

|

« どこで知るか | トップページ | 24回福岡大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこで知るか | トップページ | 24回福岡大会(その2) »