« 24回福岡大会(その9) | トップページ | 24回福岡大会(その11) »

2019年10月16日 (水)

24回福岡大会(その10)

 今日の「たまむすび」のオープニングを聞いていて、水曜日の構成作家はアメリカ横断ウルトラクイズでデビューしたということを知りました。だからウルトラクイズのメールがやたら採用されたりクイズ関係者がゲストで出たりするのか?

 それでは24回福岡です。

――――(ここから当時の引用)――――

 バランスとパワーで残っている数十チームは、南の都市高速のガード下に入って雨宿りします。
雨がやむのを待ってから次のクイズをやるようですが、小降りになる気配がまったくありません。鈴木アナがバスから出てきて、雨宿りしてるチームにサインしています。

 舞台の解体が始まりました。この場所でパワーの準決勝をやることをあきらめたということでしょう。するとスタッフが、雨宿りの高校生たちに何か説明を始めました。15時50分すぎ、バランスのチームが西の方に移動します。そしてリンボーダンスの設備も運ばれてきました。

 パワーは、ディレクター自らがずぶぬれになって進行しています。はなわの姿は見えません。はなわは番組にとっては客なので、こういう大変な状況の中で仕事はさせられないということで帰らせたのだと思います。説明されたルールは、「腕立て100回○×クイズ」。問題が出ると、腕立て伏せを100回やってから解答するそうです。

――――(ここまで)――――

 一応、雨になったときのルールは最初から考えてあるはずですが、いかにもとってつけたような感じです。

|

« 24回福岡大会(その9) | トップページ | 24回福岡大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24回福岡大会(その9) | トップページ | 24回福岡大会(その11) »