« 24回福岡大会(その11) | トップページ | 24回福岡大会(その13) »

2019年10月18日 (金)

24回福岡大会(その12)

 「ひるおび!」でスポーツについて取り上げるときは玉木正之がよくコメンテーターで出ますが、その紹介文は「大学在学中から新聞等に執筆」となっています。珍しく、東大と書いてあおることはしないんですね(中退だが)。以前も書きましたが、ミヤネ屋ではかつて「灘高卒」と書かれていた人がいますからね。

 それでは24回福岡です。

――――(ここから当時の引用)――――

 ここからは前屈で決めるようです。前屈で順位を決めて1チームずつ○×クイズを出して、1
ポイント先取で4チームが抜けます。問題は簡単で、最初の4チームで終わりました。札幌のときと同じです。準決勝が終わったのが17時15分ごろでした。

 ようやく雨がやんできたのですが、もはやバランスの決勝はこのガード下でやる覚悟のようです。一方のパワーは、海の中に浮上式のスタート台を4カ所設置しています。と思ったら、それを取り外して砂浜の上に並べ直しました。今からなら海でもできると思うんだけど。

 バランスの決勝です。同じところでセットを作り直すバランスに対してパワーはすでにセットができているのだから、パワーの決勝を先にやった方が効率的だと思うのですが、どの予選でもパワーが後です。

――――(ここまで)――――

 雨がやんだんだから海でもできるとかいうのは、台風で中止になったイベントが結局できたじゃないかというのと同じ話ですね。

|

« 24回福岡大会(その11) | トップページ | 24回福岡大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24回福岡大会(その11) | トップページ | 24回福岡大会(その13) »