« 作家の人の講演(その7) | トップページ | クイズ王Kとクイズくん(その6) »

2019年8月 2日 (金)

クイズ王Kとクイズくん(その5)

 今日の「あさイチ」は、東大ナゾトレの人でした。結局、親がどう教育すればこうなるかという話になっていました。問題がいくつも出ていましたが、1問目は絶対に答えが「あさイチ」であるはずというところから逆算したら解けました。

 それではACTIONです。早押しのコツについて。「『信号機の3色といえば赤、青と何色でしょう』どこで押しますか」。羽田が、「黄色」まで聞いても押せないと言います。「ですが」があるかもしれないから。これについては、「『ですが』になる場合はイントネーションと息を吸った量でわかる」。
 改めて「『赤、あ』で押したらいいんじゃないですか」。すると「赤、あは二流クイズ王の教えです。3色といえば、赤、うーで押す」。つまり、次に「青」と読むときと「黄色」と読むときの、息のつまり方が違うはずということです。さらに、解答者が早押しのボタンを押そうとしてから出題者が問題を読むのを止められるまで0.1秒かかるので、読ませ押しをすると言います。

 最後のテーマは、頑張れば優勝できるかもしれない狙い目の番組はということですが、効率的に結果を出したいのであれば、クイズ王を倒す系はおすすめできないということです。「クイズが煮詰まっていて、クイズ王がめっちゃ強い」。この後、ギャラ。

|

« 作家の人の講演(その7) | トップページ | クイズ王Kとクイズくん(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作家の人の講演(その7) | トップページ | クイズ王Kとクイズくん(その6) »