« 作家の人の講演(その5) | トップページ | 作家の人の講演(その6) »

2019年7月29日 (月)

クイズ王Kとクイズくん(その3)

 先週の「水曜日のダウンタウン」で、トンビがタカを産むというので、東大生の両親の学歴を調べていましたが、私は父親が立命館で母親は高卒です。クイズ的な空気だけ受け継いだのでしょうか。

 それではACTIONです。自信作をもう一つ紹介します。「およそ6年の活動期間があるにもかかわらず、解散のときはスピード解散と報じられたアイドルグループは何でしょう」。これを、「世界でオレが初めて気づいたのかもしれない」と思ったそうですが、そんなのみんな言ってなかったか?
 ここで小田急の運行情報が入りますが、噛みまくりで、これではクイズもできないかと思いました。

 クイズ王は立命館にクイズ推薦で入ったという話になります。正確にはAO入試です。前の年は倉木麻衣がそれで入ったそうです。クイズ業界はどの学校が強いというのはあるのかという質問に、「最近は知識のスポーツで、単純に東大、開成が強い」。そして、いろいろな大会で勝つのが決まっているクイズ業界の四天王というのを紹介するのですが、その中には高校生クイズの予選を見て回る人もいます。難問大会やイントロクイズだとまた変わってくるそうです。この後、中の中。

|

« 作家の人の講演(その5) | トップページ | 作家の人の講演(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作家の人の講演(その5) | トップページ | 作家の人の講演(その6) »