« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月31日 (水)

クイズ王Kとクイズくん(その4)

 ツイッターのタイムラインにこんなのが流れてきました。

――――(ここから)――――

大室正志/産業医 @masashiomuro
先日有名店のNO1キャバ嬢とお話しする機会を頂いた。
その人は「四国の県名全部言える?」という客の質問に対し、どの程度バカであって欲しいかという空気に合わせ数を調整するとのこと。
どの道にもプロはいると感心したが、知らないフリをされてる横で笑うおじさんの姿を想像したら泣けてきた。

――――(ここまで)――――

 テレビのおバカクイズ番組も、きっとこんな感じなんでしょうね。

 それではACTIONです。そもそもクイズ王Kの企画を持ってきたTBSラジオの記者について、学生時代からのクイズ仲間と言います。同学年で沖縄の大学に通っていて、クイズ界で沖縄から全国に名をとどろかせるのはセンセーションだったそうです。 しかし、クイズの実力はという質問には「うーん、中の中ですね」。全国大会の予選は抜けるくらいということです。

 具体的なクイズのトレーニング法について。基礎問題を中心にやって、遊びの部分を増やしていく。基本問題の学生大会の問題集を覚える。「クイズは機械を使わないeスポーツです」。
 フィジカルとテクニックがあって、フィジカル(知識)は今教えようがない日々のトレーニング。これに対してテクニックは、ここで話を聞くだけで伸びるといいます。この後、赤、うー。

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

作家の人の講演(その6)

 2016年にこのようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 TBSラジオの「ザ・トップ5」。今夜聞いていたら、20時からのゲストのコーナーに出てきたファンクバンドScoobie Do のオカモトMOBYタクヤという人がいきなり「今だからこそ語りたい、アメリカ横断ウルトラクイズの魅力トップ5」。自分の音楽のことなんかそっちのけで、30分間ひたすらウルトラクイズの話です。相当危ないレベルのクイズマニアのテンションです。

――――(ここまで)――――

 昨日のTBSラジオの「アフター6ジャンクション」にこの人が出て、「香港横断ウルトラクイズ」というのをやっていました。クイズマニアであるとともに香港マニアであるらしい。1時間にわたってひたすら問題を出すだけで、BGMや効果音はすべてウルトラクイズのものです。しかもこの人は、ミュージシャンの傍ら本職のクイズ作家をやっていて、2008年の高校生クイズでは毎週30問を4カ月にわたって提出したことがわかりました。

 それでは講演です。苦手なタレントはという質問があります。「未来創造堂」や「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を担当していましたが、事前に取材しても何も出てこないゲストがいたそうです。こだわりのないのがこだわりとか、無理やりなテーマで番組をつくったらしい。

 アニラジはクイズ番組に役立つかという質問には、ないと即答します。そして得意なジャンルはあるかというのでは、仕事が来るとそれに合わせて勉強して世界が広がるので、数学の番組などをやってみたいと言っていました。この後、巨泉。

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

クイズ王Kとクイズくん(その3)

 先週の「水曜日のダウンタウン」で、トンビがタカを産むというので、東大生の両親の学歴を調べていましたが、私は父親が立命館で母親は高卒です。クイズ的な空気だけ受け継いだのでしょうか。

 それではACTIONです。自信作をもう一つ紹介します。「およそ6年の活動期間があるにもかかわらず、解散のときはスピード解散と報じられたアイドルグループは何でしょう」。これを、「世界でオレが初めて気づいたのかもしれない」と思ったそうですが、そんなのみんな言ってなかったか?
 ここで小田急の運行情報が入りますが、噛みまくりで、これではクイズもできないかと思いました。

 クイズ王は立命館にクイズ推薦で入ったという話になります。正確にはAO入試です。前の年は倉木麻衣がそれで入ったそうです。クイズ業界はどの学校が強いというのはあるのかという質問に、「最近は知識のスポーツで、単純に東大、開成が強い」。そして、いろいろな大会で勝つのが決まっているクイズ業界の四天王というのを紹介するのですが、その中には高校生クイズの予選を見て回る人もいます。難問大会やイントロクイズだとまた変わってくるそうです。この後、中の中。

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

作家の人の講演(その5)

 昨日、モエレ沼公園のことについて書いたら、昨夜の「新美の巨人たち」でもモエレ沼公園についてやっていましたね。

 それでは講演です。今後やってみたいこととしては、5万人が集まって熱狂するようなクイズをつくりたいそうです。高校生クイズのスマホ予選は、テレビショーとしてはおもしろくないとはっきり言います。あと、子育てにはクイズは優秀なツールなので、そういう方面を。

 構成作家になるためのアドバイスについてで、本気で構成作家になろうという人には自分の収入などを教えているそうです。それに関して、羽振りのよかったころには麻布十番の家賃21万円のマンションに住んでいた話をします。司会が「そろそろ税務署が来ますよ」。

 おすすめの本という質問には、グルメ漫画しか読まないそうです。その都度必要になったことしか勉強しないということですね。この後、苦手。

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

クイズ王Kとクイズくん(その2)

 今週、Eテレの「デザイントークス+」をたまたま見ていたら、モエレ沼公園でロケをしていました。ここは公園全体がイサム・ノグチの生涯最後の「作品」となっていて、そこに仕掛けられた数々の趣向が紹介されていました。一番大きいプレイマウンテンは、子どもが滑り降りるためのものだと知りませんでした。高校生クイズはこういう場所で予選を行ってきたわけですが、それが今年から完全に見られなくなりました。

 それではACTIONです。クイズ王が、10年ぐらい前に立命館王があれば自分もああなれたのにと言います。東大ブームに乗る形で、クイズには教育番組としての側面が出てきて、「子どもに見せたい番組」でクイズが上位になるそうです。
 視聴者参加番組と並んで、スマホのライブクイズ番組もあって、一般視聴者とクイズの距離が詰まってきたといいます。クイズ作家として求められる問題は、検索ができるようになったことから、ひらめき系やなぞなぞに近いものが需要が多いそうです。

 これまで作ったクイズで一番の自信作という質問があります。「テニスプレーヤーの大坂なおみ選手の出身都道府県はどこでしょう」。番組側の2人の勘が悪くて全然正解が出ません。番組が不調な理由がわかる気がします。大阪でなければ問題にするわけないだろ。クイズ王は、これは○☓クイズにもできる、同じ情報でもどう使うかによって変わってくると言います。この後、世界で初めて気づく。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

作家の人の講演(その4)

 「超☆汐留パラダイス」の高校生クイズブースに早速行ってきました。早押しでなくなっていました。昨年の全国大会でやった、タイヤを運ぶやつです。一定時間内に、年齢ごとに定められた量のタイヤを運ぶことができると、ライオン製品がもらえるようです。その場にある道具は自由に使っていいそうです。そして、全国大会出場校のパネルに、特別枠として3チーム分がありましたが、そんなの発表されてたっけ。昨年優勝チームはシードで全国大会に出るというのは今日発表されてましたね。

 それでは講演です。クイズ番組をおもしろくするために心がけていることはという質問で、オールドファンが許す範囲で新しいことに挑戦だそうです。例えばオールスター感謝祭の並べ替えを三択にしたとか。そもそもクイズ番組を見ている人の9割5分は真剣に見ていないといいます。一方で普通の番組でもクイズ番組のようなVTRの見せ方をするようになっているとのことです。

 今後のテレビ業界とクイズ番組の展望について、早押しクイズで早く押されて問題が聞けないというクレームがテレビ局に来る時代になったそうです。注目する番組は「99人の壁」と「チコちゃんに叱られる!」で、これは当たり前かなという感じがします。99人の壁では、もうクイズ番組にパターンはないと思っていたがまだあったと思ったそうです。この後、スマホ予選。

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

クイズ王Kとクイズくん(その1)

 ABCラジオの「よなよな」の先週木曜日で土屋敏男インタビューがあるというのでラジコで聞いたら、アメリカ横断ウルトラクイズをやりたくて日本テレビに入ったが一度も関われなかったと言っていました。あとは、例の大崎会長との関係についても話しています。収録時点ではこんなことになっているとは思わなかったでしょうが。

 さて、TBSラジオの「ACTION」で、羽田圭介の「クイズ王Kへの道」をやっていることを書きましたが、今日はゲストにクイズ王が来ました。4月に「Session-22」に「クイズくん」として出ていた人です。
 紹介が問題文になっていて、自分でボタンを押して名前を言います。高校生クイズやミラクル9を担当していて、最近はネットでできるゲームやイベントや、ドラえもん映画のクイズ部分の監修をしているそうです。

 3つのキーワードが紹介されます。視聴者参加型、高学歴化、羽田がクイズ王になるための秘策です。1つめについて。2000年代後半は芸能人がほとんどでしたが、99人の壁など、視聴者参加型が戻ってくるかの過渡期にあるといいます。そして一般人からクイズタレントが生まれる時代として、東大王の名前を挙げます。その人みたいになりたいですと言いますが、今その名前を出してる場合か。今のところ何事もないかのように出演を続けていますが。この後、立命館王。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

作家の人の講演(その3)

 「ガチンコクイズ王決定戦」が来月もあることがわかりましたが、それを調べるためにポストよしもとのホームページを見たら、来月で閉鎖されることがわかりました。ガチンコクイズ王は次が最終回になるのか? ポストよしもとがなくなる理由は、「JPとの契約が満了するため」です。ということは最終的にあの場所に大阪中央郵便局が入ったKITTEみたいなビルが建つのかな。別に、今の吉本が公的な機関から土地を賃借するのがまずいとかいうことではないよな。

 それでは講演です。「考える人」という、芸能人が公募に挑戦する番組を担当したそうですが、例題を用意しなければいけなくて、キャッチコピーだの川柳だのを2週ごとに700個考えないといけない仕事で、これで相当鍛えられたといいます。

 その後、「クイズ☆タレント名鑑」にクイズ担当で入ったり、「ドリームプレス社」を担当したりしました。声をかけられたものは何でも自分でやればいいという考えで、昨年のサッカーW杯の直前にNHKで華丸大吉が見どころを紹介する番組がありましたが、サッカーをまったく知らないのに一から構成をやったそうです。「トリビアの泉」でスタッフ代表として納豆早食い大会に行かされたことは、今でも同窓会などで言われるそうです。この後、オールドファン。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

作家の人の講演(その2)

 「超☆汐留パラダイス」が、開催3日前になってようやく、ホームページで会場の内容が公表されました。今年も高校生クイズのブースがあることを確認しましたが、なぜかこのブースだけが番組名ではなくて「ライオン」なのです。高校生クイズというものよりライオンの宣伝であるということなのか。

 それでは講演です。高校にはクイズ研がなくて、新聞部に入ったそうです。そして高校生クイズに出て1問目で敗退。それで、チラシを作ってクイズ研を立ち上げたらしい。すでに一部マニアが作り始めていた早押し機を導入したそうです。その費用は、ラジオのクイズの賞金と居酒屋のアルバイトで工面しました。

 あるとき、紀伊国屋書店で「構成作家になるために」という本を見つけて、そこからこの職業への道が始まったそうです。しかし制作会社に入社するのが決まった後でミリオネアに出たことで、3年間はクイズを担当させないということになったらしい。それで、昼の情報番組とラジオのリサーチををやったり、箱根駅伝の中継を手伝うとかしていたそうです。

 そして、フジテレビの深夜番組の話があるというので、トリビアの泉のリサーチをやるようになって、以前にも書きましたが、「ブーがババンババン」と「パリは鼻の曲がる都だった」いうのをきっかけに構成に加わったそうです。この後、考える人。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

作家の人の講演(その1)

 参院選の東京選挙区の立憲民主党で落選した人は、選挙ポスターに「朝日新聞←東大法学部←筑駒」しか書いてありませんでした。政策よりも出身高校なのか。テレビのバラエティ番組が学歴の勝負になっている現状を感じさせます。これでは落選するのではないか。

 さて、また書くネタがなくなりました。7月のこの時期に当ブログのネタがなくなるなんて、これまでは考えられないことです。そこで、こういうときのためのストックとして、また一連の講演のシリーズです。さまざまなクイズ番組にかかわっている人です。

 最初は雑談みたいなことです。高校生クイズで優勝した人が、前年はラ・サールにいたのに転校したという話です。甲子園の越境とかそういうことではなく、途中で転校するというのはさすがにないということです。
しかも転校先が偏差値的にはそれほどでもないのに。高校生クイズは世の中のクイズのはやりが反映されていて、この回からはゲーム性とチームワークになったといいます。

 本人のクイズ歴の話になります。中学生のときに「伊集院光のOh!デカナイト」の「ザ・ベースボールクイズ」で賞金を稼いだことに始まるそうです。この後、紀伊国屋書店。

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

Quizu!!!(その8)

 超問クイズが終わることがネットメディアで報道されていることを知りませんでした。デイリー新潮の記事にはこんなことが書いてあります。

――――(ここから)――――

「番組が終了する理由は、通常2つあります。Aパターンは出演タレントの力量不足。Bパターンは番組の企画自体がダメだった場合です。Aの場合、所属事務所はテレビ局に文句を言えないはずなのですが、何が何でもBだと言い張って(笑)、猛抗議をするのが普通です。それくらい所属タレントの仕事が減るのは、事務所にとって大問題です。粘り強く交渉し、新番組の出演枠をもぎ取ってこそ芸能事務所でしょう」

 このスタッフ氏によると「超問クイズ!真実か?ウソか?」の場合は、正真正銘のBパターンだという。

――――(ここまで)――――

 結構直接的なことが書いてあります。確かに当初の企画意図が完全にどこかに行って、これを見たからどうなるというクイズになっていましたからね。私としては、2時間スペシャルをやると関西では後半しか放送されないので録画に困るというのが解消されて助かります。

 それではQuizu!!!です。抽選があって、5人に色紙が当たります。あと、なんかテーブルにピカチュウのぬいぐるみなどを並べています。
 もう時間なのですが、今回やらなかった企画というのが「しりとり必勝法の資料」だそうです。「『る』攻め」とか「『ぱ』攻め」とか「『る』返し」とかのリストを載せているそうですが、結局ただの紙であるものを物販で売るのはどうかと思ってやめたということです。私にとってはそれが最も興味があるのに。

 出口の横でサイン会をやっています。精算とそれぞれ長い列ができて、かなり待ってもなかなか帰れないので、サインしている目の前を突っ切って出ました。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

Quizu!!!(その7)

 昨日、BSプレミアムで「キントレノウトレ」というクイズ番組をやっていたのに気づきました。再放送で、1、2カ月前に本放送していたらしい。脳トレ問題の答えが回数になっていて、トレーニングマシンをその回数動かして答えるとか、2択でプールを左右に泳ぐとか、結構新しい企画です。会場が町田なので決勝の問題の答えがすべて「ま」「ち」「だ」が含まれる単語という、かなり凝ったことをしていましたが、ルールがよくなくてグダグダで終わったのが残念でした。

 それではQuizu!!!です。最終問題だけ15秒で、ボーナスクイズの音になります。そして周りに頼らず自力で正解してAmazonギフトを獲得しました。
 改めてすべての問題を振り返ってトークします。実況を始めたきっかけになった人という問題で、ゲーム実況者の名前が次々出てきて、会場はいちいち反応していますが、何のことやらわかりません。アンダーテイル実況って何だ。

 告知があります。まだ発表していないのでツイッターで書くなと言っていますが、聞いても何のことだかさっぱりわからないので、書きようがありません。この後、しりとり。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

Quizu!!!(その6)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 6月29日のNHKスペシャルが、裏番組と重なりまくってハードディスクが足りなくて録画できなくて、再放送を録画すればいいやと思っていたら、翌週からウィンブルドンが始まって再放送がありませんでした。で、NHKオンデマンドでようやく見たら、番組全体を使って鉄道で謎解きゲームをやっているではないか。

――――(ここまで)――――

 通常の再放送でなく、昨夜、「NET BUZZ」の枠で放送されました。副音声で勝手にトークしているのも再放送されていました。

 それではQuizu!!!です。クイズは三択で、グー、チョキ、パーで答えます。10問連続正解すると賞品がもらえます。問題画面が、完全に「オールスター感謝祭」を再現しています。1問目、なんか曲のタイトルを答えるのですが、この出演者を知っている人には常識のような問題らしい。知らないゲームで、なんとかというチームの爆弾はどれといった問題が出ます。ゲーム実況業界の内輪ネタで、私には何を言っているのかわかりません。クイズの世界にもいろいろあります。東大王が答えられるのは東大王が答えられる世界のクイズであるからに過ぎません。

 8問目で2人になります。出演者が錯塩のニコニコ超会議の1日目で着たTシャツはどれという問題でした。昨年のニコニコ超会議の1日目だと私も行ったので、ちょっとつながりがあります。9問目で1人になります。この後、おさらい。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

Quizu!!!(その5)

 昨日の「水曜日のダウンタウン」で最初に岡田圭右が出たら「クイズ!脳ベルSHOW」という声が上がります。今や岡田といえば脳ベルSHOWなのか。というか、この番組、完全に脳ベルSHOWの裏ではないか。民放のBSとかぶるのはいいのか? まさか朝4時からの番組としてしか認識されていない?

 それではQuizu!!!です。パワーポイントが終わって、今度は自己紹介ギャグというのをやります。何種類もあります。次は任天堂のマリオの実況をしたときの話をします。「死ぬ」という単語を使ってはいけなかったそうです。また、ある条件を満たすと他のゲームのキャラクターが登場するが、その名前も一切言ってはいけないことになっていて、「緑のが出た」とか言っていたらしい。

 この後やるクイズ大会について説明があります。10問正解した1人に1万円分のアマゾンギフトが贈られますが、昼の部では5問目ぐらいで残っているのが1人になって、その人に取らせるために残りの問題は参加者が勝手に答えを教えるようなことになっていたそうです。

 休憩後、昼の部で缶バッヂが売り切れたことへの不満が非常に強かったという話をします。そんなにウラルとは思っていなかったそうで、会場から一斉に文句の声が上がります。誰だか知りませんがそんなに人気があるのか。この後、感謝祭。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

Quizu!!!(その4)

 「衝撃のアノ人に会ってみた!」のエンディングで、高校生クイズの申し込みは明日の正午までと言っていましたが、今からチームを組んで申し込める人がいたら、高クイで勝つよりすごい能力です。

 それではQuizu!!!です。次は「個人的に耳元で囁かれたら興奮する言葉BEST3」、次は「DMがきてもそれに対して返事を返さない理由とは何でしょうか」というのですが、会場が笑うのについていけません。ドリッピー事件と言って大爆笑になります。何のことかまったくわかりません。答えの例として「そのAVとっくに視聴済みです」。

 次は急に普通のクイズらしい問題で、「左の図に三角形はいくつありますか」。実は図は問題文の右にあるので、0個が正解です。今、パワーパフガールズにはまっているという話になって、次は急に「誰のツッコミでしょう」。いろんな芸人のツッコミを真似します。また、聞いたことのない名前で爆笑になります。次に「何のモノマネでしょう」というのがあって、またまったく知らない人の名前が出て爆笑です。武田鉄矢と福山雅治は同じだと気づいたといいます。これはモノマネ芸人も言っていた気がします。この後、死ね。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

Quizu!!!(その3)

 「あさイチ」の松本潤がゲストの回がNHKオンデマンドで配信されていました。これは極めて異例です。そして「SONGS」の嵐の回も配信されていました。これはジャニーズの基準が変わったのか? と思ったら、「チコちゃんに叱られる!」の松本潤が出た回はやっぱり配信されていませんでした。

 それではQuizu!!!です。昼の部は、終わった後の客との交流でしゃべり過ぎて終了時刻が大幅に延びたそうです。クイズの語源はラテン語で「何」だと言います。そして劇場の支配人がおもしろいことをというので、Quizという意味のない言葉を街中に書かせたといった話をします。本当にクイズの話です。

 ここで「2部用パワポ」というのが表示されます。「みりんって10回言ってください」。それで、鼻の長い動物はというのが、かつてはやった典型的な問題ですが、「鼻の長い動物はゾウとは限らない」。他にもピノキオとか天狗とか「チャド・マレーンとか」というのがオチです。

 次に「金の斧銀の斧の女神 何か許せない」。普通の斧だと言ったら正直だと金の斧をくれるというが、金の斧をもらって困る人がいるだろといいます。確かに、実際の農作業に使おうとしたら金製は不向きでしょう。ここから、金の斧がいらない人のコントを延々とやります。頭の後ろから血が噴き出すところとか、女神がもう一人いるとか、その場の思いつきで話が展開します。この後、トリッピー。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

Quizu!!!(その2)

 6月29日のNHKスペシャルが、裏番組と重なりまくってハードディスクが足りなくて録画できなくて、再放送を録画すればいいやと思っていたら、翌週からウィンブルドンが始まって再放送がありませんでした。で、NHKオンデマンドでようやく見たら、番組全体を使って鉄道で謎解きゲームをやっているではないか。ついにNスペが謎解きクイズになるまで、謎解きが一般に普及したのか。

 それではQuizu!!!です。入ったらほぼ満員で、若い女性が非常に多い。これで私が場違いであることがわかりました。こういうのは東大王のトークイベント以来です。そういえば東大王の女性問題がまた文春に報じられましたが、こういうのに客として来る人はどう思っているのでしょうか。あと、番組で同じチームの人はどんな顔で対応するんでしょうね。

 出演者が「1部おもしろかったよ。すごいおもしろかったんだから」で客が爆笑しています。かなりの人が、昼と夜の両方にいるようです。「1部のダイジェストとしては、名探偵コナンの一部のシーンを」でまた爆笑です。まったく入り込めません。

 クイズを題材にネタをやると言っています。この後、パワポ。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

Quizu!!!(その1)

 京都を通ったので、行こうと思っていた用事があったところに向かったら、今、祇園祭をやっていることを知りませんでした。移動するのが大変です。私は初めて、祇園祭期間中に京都に来ましたが、なぜ今まで来なかったんだろうと考えたら、これまでは高クイの予選があってそれどころではなかったことを思い出しました。

 さて、京都から大阪に向かいました。実はこの前、ロフトプラスワンウエストに「クイズアタックプラスワン」を見に来たとき、渡されたパンフレットの今後のイベントの予定で、「Quizu!!!」と書いてあります。これはクイズなのか? まったくわかりません。ロフトのサイトを見たところ、クイズをテーマにしたトークイベントであって、クイズ大会のコーナーもあるということが書いてあるのですが、まったく内容はわかりません。そもそも出演者が聞いたこともない人です。これは見る価値があるのかどうか判断がつきません。確かめるために行ってみることにしました。

 昼と夜の1日2回開催されます。昼の方が都合がいいのですが、他の用事の兼ね合いで前売り券を買えないうちに昼の方だけ売り切れました。当日券が最終的に出るのかどうかも確認できないので、夜の方に行くことにします。この過程で、出演者はどうやらゲーム実況の人らしいということがわかりました。この後、コナン。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

県の人の講演(その8)

 今回の参院選では、民放での政見放送が本当にありませんが、来週、フジテレビが「クイズ!脳ベルSHOW」を2回つぶして東京選挙区の政見放送をやることがわかりました。前半の予選部分が見られないのか。今回こそ代わりに小倉淳が「ウルトラクイズ…」と言ってくれればおもしろかったのに。

 それでは講演です。テレ玉のクイズは、組む予定だった人が別の人と出て優勝したそうです。ウルトラクイズのエピソードは何かあるかというので、ハワイで負けた人が帰るときビジネスクラスで、同じところに中島みゆきが乗っていたそうです。あと、準優勝の人が、割れた瓶で詐欺をする当たり屋に2回遭遇したそうです。
 社会人が効率的にクイズの勉強をする方法はというので、今はスカイプで早押しできたりするなどと言っていました。最後に、TVガイドの人とは交流があるかというので、今は音信不通だそうです。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

県の人の講演(その7)

 NHKの「鉄オタ選手権」の関西ローカルバージョンが、今月また放送されるようです。もう関西の大手私鉄は行き尽くしたと思ったら、「関西私鉄大集合スペシャル」というのをスタジオでやるらしい。

 それでは講演です。予選はいろいろなところでやっていますが、どこの市町村でも1回は開催できるのではないかと言っていました。
 質問コーナーになります。クイズを継続するために必要なことはというので、メモをすてうry人はモチベーションが高いと答えます。クイズの業務に対する周囲の理解はというのには、職場でクイズのことは自分からは出さないようにしているが、川内優輝が在籍したことがプラスになっていたそうです。

 ライトなクイズがもてはやされていることは、クイズの手段が発達してきたことと好意的にとらえているそうです。ウルトラクイズのジャンケンについては、より早く自分のペースでジャンケンポンと言うことが必勝法だと言っていました。自分がこのクイズ大会に出たら優勝できそうかという質問には、○☓を通過するのが難しいと答えます。ちなみに、1995年にテレビ埼玉がやったクイズ大会に、ウルトラクイズ本土進出者である県関係者とチームを組んで申し込んだら、優勝は困ると言われたそうです。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

県の人の講演(その6)

 そういえば今年も「超☆汐留パラダイス」がありますね。しかしあと2週間になっても、何のブースがあるのか明らかになっていません。今年も高校生クイズはあるのでしょうか。ブースで流す予選の映像が今年は用意できないと思うのですがどうなるでしょうか。

 それでは講演です。イベント目当てとクイズガチ勢を両方楽しませるためには、今のところ、○☓で落とすような形式しかできないといいます。この大会は、県への郷土愛を高める目的は達成できているが、参加者数は微減の傾向だそうです。クイズ以外で県が取り組んでいるのは、アニメの聖地などです。

 今後どのようなことをするかという話になります。前回から小中高生にはハンデのポイントが与えられるようになりました。小学生大会を復活するならやるといいます。また、過去問が2000問を超えて、過去問を解く機会を設けたいそうです。
 初期のウルトラクイズの優勝者が福島でクイズ大会をしているらしいので(この講演後に亡くなったらしい)、こちらも県に愛着をもっている人すべてに届くぐらいにしたいと言っていました。この後、川内。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

県の人の講演(その5)

 参院選の東京選挙区の日本維新の会の候補は音喜多駿ですが、これが6年前は小倉淳だったのを思い出しました。あの「アメリカ横断ウルトラクイズ」と書いてある選挙ポスターをまた見てみたい。

 それでは講演です。会場の人が置いてきぼりにならないように、問題の解説をできる限り読むようにしているそうです。また、公務員なので脱個性を心がけているそうです。自分が原因で大会が終わることがないようにしたいと言っていました。イベントの準備のための残業代など求め始めるときりがない。このイベントで小銭を稼いでいると周囲から思われないように注意しているそうです。ちなみに他の出演料なども、クイズ情報サイトなどへの寄付に回しているらしい。

 地元企業の協力で成り立っていて、決勝大会にはスポンサーを呼んでいます。県の公務員でも出場できることに公平感はという声もありますが、誰でも優勝していいという懐の深さだと解釈しているそうです。あと、大会の行われる秋冬は、自分のクイズサークルとの接触を避けているそうです。この後、微減。

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

県の人の講演(その4)

 毎日放送で深夜の3分番組を見たら、ガチンコクイズ王の司会をしている人を初めてテレビ画面で見ました。吉本であのくらいのキャリアだとこうなのかということがわかりました。

 それでは講演です。問題を作ると、裏撮りは各課がよく調べてくれるそうです。そして各予選で同じ問題を出さないようにしているといいます。というのも、かつての大型クイズ番組で、各地区の予選の問題を入手すれば最後の関東の人が有利になったような時代があるそうです。同じ問題を出したら、この県はその程度のものかと思われるのがくやしいということです。
 県内には63の市町村があって情報を自己発信しているのでクイズは作りやすいそうです。

 ここで休憩になります。この会場の棚にはサブカルチャーなどと並んでクイズの本が大量に飾ってあるのに気づきました。ナナマルサンバツが全巻あります。
 職員自ら問題を読むというのは教育局の提案だそうで、第1回のときにあった子ども大会で始まって、そのまま本大会にも引き継がれたということです。しかし自分が出られないときのリスクマネジメントはしていて、一昨年に腰を痛めたときは、本人もいたものの、有名クイズ作家が出題を代行していました。ちなみに観光課に頼んだら「私は絶対にいやです」と言われたそうです。この後、脱個性。

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

県の人の講演(その3)

 先週は毎日放送で金曜の深夜に「クイズ!オンリー1」をやっていましたが、今週はその枠で「最高の最低」をやるそうです。東大芸人クイズがあります。

 それでは講演です。25分ほどたって、ここからが本題だそうです。雑誌の県民愛着度調査で最下位になって、知事から、クイズ大会をやってはどうかと言われたらしい。ちなみに運営費はすべてスポンサーから出ていて、税金は使っていないそうです。11月ごろに大会をやると記者発表したが、詳細が決まっていなくて、取材には思いつきで答えたそうです。

 オープン大会のノウハウを使うことにしたが、真冬に屋外での開催で、早押し機は3台しか用意できません。イベント会社が小道具を用意して、ご当地タレントの参加が決まって、地元紙は1面・社会面トップで取り上げたそうです。

 観光課が県庁の各課に問題提出を照会したが、集まった問題は玉石混交だったそうです。そのため、結局自分で作ることになったということです。当人は当時、放射線対策課にいたそうです。この後、重ならない。

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

県の人の講演(その2)

 今週、BSプレミアムの「新日本風土記」は、7年も前の香川のうどんの回を再放送していました。その中で、高校生クイズの地区大会の決勝会場になったうどん屋に行列ができているのが映りました。なつかしい。今年はついに、高校生クイズの予選でこういうところへ行けなくなりました。

 それでは講演です。ウルトラクイズで優勝できた要因は、どんなクイズ形式でも対応できるような訓練をしたからだといいます。すごく疲れているときにはどんな問題が答えられるのかとか、少ない確率でも生かす努力をしたそうです。それまでの人生が何か違う道を通っていれば、○☓クイズで答えられなかった問題があったはずで、そういう運があります。

 優勝して変わったこととして、声をかけられるようになったり、手紙が6000通届いたこと。中には、ネガティブな悩みを書いた手紙が毎日届いたそうです。武蔵野線の満員電車の中で「次も狙ってるんですか」と言われたらしい。

 仕事とクイズの両立については、果たしてしているのか自問しているといいます。むしろ専業のクイズ作家などという肩書きの人の方が大変だろうと言っていました。クイズの勉強は、史上最強とFNSとオープン大会のためにやっていたが、結婚してやめたそうです。この後、知事。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

県の人の講演(その1)

 昔こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 「安住紳一郎の日曜天国」の予告でアタック25のVTRクイズのBGMが流れるということを書きましたが、今週はなぜか、内容がクイズになっていないのにこの曲が使われています。おかしい。そしたら最後に、「『武方直己のサタデーGOGO!』?」と叫んで、不正解の音まで使われているのです。それにしても20年ぐらい前の番組じゃないか。武方という目が中央に寄ったアナウンサーがいたのをどれだけの人が知っているのか。

――――(ここまで)――――

 昨日、毎日放送で「クイズ!オンリー1」をやっていた時間帯に、TBSでは「安住紳一郎と2019年上半期のTBS」をやっていたんですね。録画に失敗しましたが、途中から見たら画面の隅に「がんばれタケカタ」と書いてあって、なんか武方元アナのことを熱く語っています。単なる武方マニアなのか?

 さて、本編で書くネタがなくなりました。こういうときのストックですが、この前は「調べる人の講演」というのを書きました。このシリーズで、別のクイズ王の講演を書こうと思います。この講演も、開始時点では聴衆が10人ほどしかいませんでした。

 クイズのきっかけは、小学5年生のときにウルトラクイズを見たことだそうです。それで、木曜スペシャルを毎週見続けて、52週たって、ウルトラクイズは年に1回だとわかったそうです。
 当時はクイズ仲間などおらず、クイズが趣味ということも通じない。一方でテレビでは毎日のようにクイズをやっているので、録音して問題をノートに書いていたそうです。通学路や休み時間に問題を出していたらしい。大学でクイズ研に入りますが、真剣にクイズをやっている人がいない。ただ、2年以降は優秀な後輩が入ってきたそうです。

 中学時代、スーパーダイスQの予選を受けて面接で落ちたそうです。それで、どうやれば面接を突破できるのかという、多くの人が就職活動のときに考えることを、中学ですでにやっていたということです。この後、ネガティブな悩み。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

第3回ガチンコクイズ王決定戦(その17)

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 今夜の東京フレンドパークの予告を見ると、今日から異動になった小林アナがまだ出ているようですね。おとといのラジオで踏み込んだ話をしていましたが、TBSには「小林の法則」というのがあって、小林というアナウンサーが3人になると、1人が不幸な辞め方をするそうです。

――――(ここまで)――――

 同時に品田アナも異動になったそうですね。品田アナといえば、先日「水曜日のダウンタウン」で、芸能人の名前が覚えられていないことに関するクイズの司会をやっていて、スタジオから「あのアナウンサーの名前を覚えていない」とツッコまれていましたが、若くても目立った仕事をしていないと見切りをつけられるということか。

 それではガチンコクイズ王です。司会が優勝者に「問題」と言います。「ちえさんの好きなところはどこ」「クイズぐらいしかとりえのない僕を拾ってくれたやさしさです」「この早押しボタンとちえさんの乳首とどっちが」…。

 出演者が「これだけのドラマを生んだら第4回はもう超えられない」。ゲストが「こんな素敵なイベント、なんで裸で出てきてしまったんや」。きっちり予定時間通りに終わります。この辺は素人のやるオープン大会と違います。

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

第3回ガチンコクイズ王決定戦(その16)

 東京の松屋銀座で、「チコちゃんに叱られる!銀座祭り」というイベントをやっています。入場無料です。行ってきました。縁側のセットが再現されて、実物大チコちゃんと写真を撮れるようになっています。また、キョエちゃんのステージもあります。しかし展示企画はそんなになくて、物販がメインでした。知らないうちに、ここまでチコちゃんグッズがあふれるようになっているとは。なんでもチコちゃんをつければいいというものではないだろ。その中でおもしろかったのは、普通の人でもチコちゃんの声を出せるボイスチェンジャーです。引き金を動かすごとに、チコちゃんの表情も変わるようになっています。

 今、このリンクを張るためにアマゾンを見たら、「再販分7月下旬入庫予定」と書いてありました。松屋銀座に行けば買えますよ。

 それではガチンコクイズ王です。11問目、「NATOのフォネティックコードでAはアルファ」で、奈良の人が勝負を賭けます。チャーリーと答えて正解。これで決定しました。クイズ王に向かって「師匠、やりました」と言います。
 優勝者は奈良で信用金庫に勤めているそうです。そして、会場に優勝者の婚約者が来ています。婚約者はまったくクイズに関係ないので、こんなことをしているというのを見せにきたそうです。司会が婚約者に、クイズをしている姿を見てどう思ったかと聞きます。「ほれ直しました」。そして優勝者には「チャーリーのどこにほれたんですか」。ちなみに婚約者の本当の名前は「ちえ」だそうです。意外に遠くない。さらに「結婚式に我々を呼ぶときは、入江さん通してもらっていいですか」。この後、乳首。

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

第3回ガチンコクイズ王決定戦(その15)

 「クイズ!オンリー1」が金曜の深夜に関西でも放送されるようです。そういえば、この時間帯で先日、「痛快!明石家電視台」で、宮迫が出ているのを流してしまって途中で切り替えたという事故がありましたが、録画を見てみたら、本当に途中でいきなり画面が別の回になっていました。

 それではガチンコクイズ王です。1問目の正解は富士山で奈良の人が正解。2問目、命数型の問題ですが、アタック25が勝負をかけて、まったく確定しない段階で押して正解します。3問目、種類を並べて生物を答える問題で、奈良の人が正解。4問目、映画化された漫画で明石の人が正解。5問目は円周率で明石の人が正解です。6問目は料理法で奈良の人が正解。

 7問目「リンガラ語で」だけで明石の人が押してボンバイエを正解。クイズ界でリンガラ語は他にないんでしょうね。これで明石と奈良が3ポイントずつです。
 8問目、古典文学で奈良の人がリーチです。9問目「1日は何分」。明石の人が押しますが計算できません。10問目「自らを週末ヒロインと名乗り」で第2回が押して「AKB48」と答えます。リーチがかかったら急にあせって凡ミス連発です。この後、チャーリー。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

第3回ガチンコクイズ王決定戦(その14)

 「FRIDAY」の表紙に大きく「水卜麻美アナ&桝太一アナ『銀座でデート』写真の真相」と書いてあります。中身はというと、2人でこういうことをやっているのは日本テレビ自身がさんざん番組で映している(バラエティ番組が定期的に経費節減で局アナネタをやって、そのたびに放送される)ことではないか。これって、先日の赤江珠緒の芝生がヒットしたので、味を占めてやっているのでしょうか。

 それではガチンコクイズ王です。16問目、吉本とも関係の深い作家で、29が正解。これで首位に復帰します。17問目、台湾の食べ物でアタック25が不正解。最終の18問目は非常に有名な科学者の名前で、最下位のアタック25が正解して第1回が脱落になります。残った4人は29、アタック25、6、第2回です。

 最終決戦は、配られた紙では3○2☓となっていましたが、5○3☓に変更になりました。29は明石の人でクイズ歴6年。6は奈良の人でクイズ歴は4年超。6は第1回ガチンコクイズ王の決勝で負けて泣いた人らしい。第2回の人は育成計画で2回優勝していますが、運だと言います。

 例によってクイズ開始前に、アメリカ横断ウルトラクイズの決勝の1問目を出す前の音がかかります。ところが、その途中で脱いでない方が声を出してしまいます。それで演出を最初からやり直しになります。この後、猪木。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

第3回ガチンコクイズ王決定戦(その13)

 今夜の東京フレンドパークの予告を見ると、今日から異動になった小林アナがまだ出ているようですね。おとといのラジオで踏み込んだ話をしていましたが、TBSには「小林の法則」というのがあって、小林というアナウンサーが3人になると、1人が不幸な辞め方をするそうです。小林麻耶とか小林悠とかいうことか。そんなのぶっちゃけていいのか。相当不満があるのかな。

 それではガチンコクイズ王です。10問目、安保理の常任理事国をすべて答えるという問題です。現在首位のアタック25が正解。11問目、生活の用語で29が正解して1位になります。12問目、ヒップホップの聞いたこともない用語です。最下位の第2回が正解して、脱いでない方が脱落です。また崖っぷちで最下位が正解しました。

 13問目、脱いだ方が不正解。14問目、「おしりたんてい」を6が正解します。聞いたことがあるかとかいう話でひとしきり盛り上がります。15問目、世界史の最初の方に出てくる用語で、最下位の脱いでない方が答えられなくて脱落です。この後、演出つぶし。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »