« 調べる人の講演(その7) | トップページ | こんな番組も本に »

2019年6月 4日 (火)

調べる人の講演(その8)

 高校生クイズの予選がスマートフォンによるものになりましたが、それとは別の日程で上位チームによる「代表決定戦」があることになっていました。これは各地区でどこかに行ってクイズをやるのかと思ったら、これもスマホによるものであることが発表されました。わざわざ2段階に分けるというのは、私が昨年書いた、

――――(ここから)――――

 代表決定戦をやるというのは改善です。昨年、一昨年と、最後まで全チームがクイズをやって最上位の1チームが全国大会というシステムは、運の要素が強すぎます。YES-NOクイズで決めるよりよほど運ゲーです。

――――(ここまで)――――

 ということを意識したものでしょうか。

 それでは講演です。聖徳太子と厩戸皇子は、教科書図書館というところですべての教科書を見て、聖徳太子と厩戸皇子の表記のどちらが主になっているのが多いかで、クイズ番組での表記を決めるそうです。他にも、子どものうつぶせ寝とあお向け寝はどちらがいいのかとか、中性脂肪はない方がいいのかあった方がいいのかとか、次々と正しいとされる情報が変わるといいます。
 今後は、調べたことのない題を誰かからいただきたいと言っていました。テレビ朝日の「アナ行き!」に1カ月ほど出ると予告していましたが、なぜ見なかったのだろうと考えたら、私が見られないところに入っていたのでした。ところで、司会が、この人の著書が置いてあるのに最後まで一切紹介しませんでした。

|

« 調べる人の講演(その7) | トップページ | こんな番組も本に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調べる人の講演(その7) | トップページ | こんな番組も本に »