« 13回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | 岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その1) »

2019年5月 6日 (月)

13回エコ甲全国大会(その31)

 ナナマルサンバツの舞台を見ましたが、今年も途中に本当のクイズ大会がありました。出演者が自分で得点表示を更新するのを誰も忘れなかったのが、プロの役者だと思いました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。マニュライフ生命のCEOがトロフィー授与です。トロフィーにはマニュライフのロゴがついています。

 すでに17時を回って、野中ともよの閉会あいさつです。「新幹線や飛行機の時間があるので閉会宣言だけしろと言われているが、そうはいかない」。野中がそうはいかないと言ったところで、新幹線も飛行機も待ってくれないのに、どう責任とるんだ。
 「今日、つくってくれたのは参加者の先輩たち」と言ってスタッフの大学生を舞台に上がらせます。「本当におめでとうなのは決勝ラウンドにも残れなかった人。人生はてっぺんに登れなくてくやしい思いをして痛みがわかる方が重要」。そして「今度はこっちに来てね」。
 金融知力普及協会の人を下の名前で呼びます。さらに会長を呼んで、「東京駅、羽田行きのバスが待っておりますんで」。17時13分に大あわてで終了しました。

|

« 13回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | 岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | 岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その1) »