« 調べる人の講演(その1) | トップページ | 調べる人の講演(その3) »

2019年5月29日 (水)

調べる人の講演(その2)

 今週の「月曜から夜ふかし」で、@niftyニュースによる「好きなテレビ番組のジャンルランキング」を紹介していました。自分たちのやっているバラエティは7位で全然ダメという話だったのですが、クイズはその下の9位ではないか。クイズ番組って本当に人気あるのか?

 それでは講演です。就職は、調べ物に興味があったので、当時、調べ物を一生のなりわいにできるのはということで出版社に入ったそうです。しかし文芸に異動できないとわかって1年半で辞めたらしい。次に入ったのが新聞社です。ニューメディア本部というところでデータベースを作る仕事です。

 データベースを作った経験があるので、今、情報の引き出し方がわかるそうです。検索エンジンの特色を学んで、企画のテーマを決めるにあたって、検索の第2ワードを決めるために徹底的に調べるといいます。具体的には、長嶋茂雄について、バラエティ番組とNHKの評伝の仕事では調べたいことが違う。長嶋のエピソードだけのサイトにいくつもたどり着いて、その中で、テレビだと写真だけで見ることのできるネタを使うとか。

 新聞社には東京と大阪で5年いて、もっと調べ物ができる仕事はないかということで、今度は有名推理作家の秘書募集に応募したそうです。この後、親指シフト。

|

« 調べる人の講演(その1) | トップページ | 調べる人の講演(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調べる人の講演(その1) | トップページ | 調べる人の講演(その3) »