« 13回エコ甲全国大会(その17) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その19) »

2019年4月23日 (火)

13回エコ甲全国大会(その18)

 東大入学式の上野千鶴子の祝辞で最も重要なのは、自分の努力が報われて成功したと思うこと自体、たまたま環境に恵まれただけだというところだと思いますが、それを紹介するテレビ局は、バラエティでは東大が人生の価値のすべてであるような番組を作ってるし。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、日経平均の近年の最安値です。高い方はよく問題になりますが安いのは珍しい。3問目、経団連の企業数。ヒントとして日本の全法人数が出ます。

 ここまでで4チームになって、最後の対戦は、青翔開智対富山中部、早稲田対並木中等教育です。4問目は現時点での円ドル為替レート。ヤフーファイナンスのトップページに載っているものを正解とします。答えは今スマートフォンで見ます。勝ったのは富山中部と並木中等教育です。並木中等教育は「1回戦で出オチみたいなポーズをして失敗して恥ずかしかったのでよかった」。問題を読んだのは沖縄銀行です。

 10分休んで、今度はシティグループ証券副社長のあいさつです。「大和投信さんが青田買いされてましたけど、シティもありますんで」。この後、英語。

|

« 13回エコ甲全国大会(その17) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その17) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その19) »