« 13回エコ甲全国大会(その24) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その26) »

2019年4月30日 (火)

13回エコ甲全国大会(その25)

 平成と高校生クイズといえば、「赤坂御用地」です。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。平成9年・10年の問題。ノーベル経済学書受賞者の名前です。私は知りませんが、6チーム正解です。中央中等教育は名前が微妙に違います。灘も不正解。
 平成11年・12年は、このときに合意した通貨政策を一般に何というかというので、智弁和歌山と中央中等教育が不正解です。中央中等教育は全問不正解を続けています。
 平成13年・14年は、このときなくなったものに関する学問的な現象。金大附属と智弁和歌山だけ不正解です。中央中等教育がついに正解しました。

 平成15年・16年。郵政三事業をすべて答えるというものです。藤島と並木中等教育は「銀行」と書いていますが、これは貯金とみなされて正解。中央中等教育は「配達」と書いていますが、郵便とみなされて正解になります。逆に、すべて正しく書いたチームはいません。この後、逆転。

|

« 13回エコ甲全国大会(その24) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その24) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その26) »