« 13回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その11) »

2019年4月15日 (月)

13回エコ甲全国大会(その10)

 昨日、ツイッターのトレンドに「アタック25」が入っていたのですが、クイズ芸人育成計画の人が本名で出場して圧勝していたようですね。「マスコミ関係者大会」と称して、間違ってはいないが芸人が出るのはありなのか?

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、IMFの特別引出権についての問題。変に難しい。両端が5人ずつぐらい正解です。これで灘はもうリーチになりました。次で2人とも正解すれば勝ち抜けです。
 3問目、国際的な経済指標をアルファベット3文字で。一方が8人、もう一方が4人ぐらい正解です。灘が隣同士になって勝ち抜けです。そして松山東雲も勝ち抜けになっていました。松本深志は間が1マスなので、あと1人正解で勝ち抜けです。精道三川台や湘南は間が2マス。
 4問目、財務諸表に関する問題で、圧倒的に正解が多い。同時に勝ち抜けたときは、同じマスの方が隣同士のマスより優先になります。しかし同じマスの勝ち抜けはありませんでした。隣同士は甲府南と精道三川台。予選の順位によって、最後の勝ち抜けは甲府南です。

 次は弘前、一関第一、仙台第二、山形南、竹園、川越、富山中部、御殿場南、青翔開智、弘学館、昭和薬科大附属です。
 1問目、「財務省の外局はどれ」。これは選択肢がよくできています。すべて財務省っぽい。正解は7人+5人ぐらいです。この後、4096分の1。

|

« 13回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その11) »