« 13回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その4) »

2019年4月 8日 (月)

13回エコ甲全国大会(その3)

 先日「TVチャンピオン極」の文房具王の回を見たら、早押しクイズで、普通のボタンをわざわざおもちゃの刀で叩いていました。むしろ予算のない中で演出に苦労しているというのが感じられてしまいました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。最初の対戦は秋田商の女子と洛北です、秋田商は予選で14位、洛北は10位。1問目、給料に関する簡単な問題で秋田商が正解。2問目は不当な商行為で洛北が正解です。したがって勝ったのは洛北。
 次は鳥取の青翔開智(17位)と徳島の城東(40位)。1問目、保険の問題で城東が正解。2問目、日本の硬貨の額面を全部足すとという定番の問題で青翔開智が押して間違えます。すると城東に対して最初から問題を読み直します。城東が正解して、下位チームが勝ちました。

 次は東大寺学園(35位)と千葉の渋谷幕張(8位)。1問目の正解は飛行機のオーバーブッキングですが、東大寺学園がダブルブッキングと答えて正解になります。例によって舞台の下には判定員が並んでいます。2問目、国際的な新たな概念で、東大寺学園が正解。また下位が勝ち抜けました。
 次は岩手の一関第一の女子(22位)と福井の藤島の混成(32位)。1問目、エコ甲の事前学習教材でしか聞かない単語で藤島が正解。2問目、投資に関する用語で藤島が正解。また下位が勝ちました。プレゼン&筆記と早押しでは能力が異なるようです。この後、それを聞く。

|

« 13回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その4) »