« 13回エコ甲全国大会(その11) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その13) »

2019年4月17日 (水)

13回エコ甲全国大会(その12)

 昨夜の「ブラタモリ」の再放送ではノートルダム大聖堂も取り上げられていましたが、タモリが「考える人」の姿勢が不自然だと力説していました。実は私は高校生クイズに出たときそれとまったく同じ話をしていて(船で移動中に見えたものについてのクイズが出て、その中に考える人があった)、その映像が(音声はないが)高校生クイズ近畿大会の番組で使われています。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。午後の第3ラウンドは「情報を収集せよ!インサイダークイズ」。現在負けていない24チームを12チームずつに分けて行います。
 最終的に勝ち抜け問題に正解すれば勝ち抜けなのですが、その問題は12のヒントから成っています。そして各チームに1つずつ、封筒に入ったヒントが配られるのです。ボードクイズで正解すると、「交換」か「解答」を選びます。交換の場合は、指定した他チームと封筒を交換します。ただし、その相手は交換を拒否することもできます(すでに勝ち抜けている場合は拒否できない)。解答の場合は、それまでに入手したヒントを元に勝ち抜け問題に解答します。12チームから4チーム勝ち抜けです。8問で決まらないときは、予選の上位のチームが勝ちです。

 最初の対戦は岐阜、旭丘、宇都宮、洛北、高松、山口、桜丘、大阪星光、藤島、東大寺学園、城東、土佐塾です。
 1問目、最近のフランスの動きについて。8チーム正解です。予選の上位から順に、交換・解答を選びます。岐阜が大阪星光と交換。旭丘が藤島と交換ですが、藤島が拒否します。この後、2万円。

|

« 13回エコ甲全国大会(その11) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その11) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その13) »