« 13回エコ甲全国大会(その5) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その7) »

2019年4月11日 (木)

13回エコ甲全国大会(その6)

 月曜日の「たまむすび」のメールのテーマは「私的行くべき場所」でした。ニューヨークの自由の女神という人がいました。子どものときにウルトラクイズで勝って行くつもりでいたが、番組が終了して行く機会がなくなったといいます。赤江珠緒は行ったそうですが「まあ思った感じの」と、あまり印象がないようでした。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。仙台第二(29位)と大阪星光(26位)。1問目、「アメリカのレーガン大統領や」で仙台第二が押して新自由主義を正解します。2問目、経済指標についてで大阪星光が正解。勝ったのは大阪星光です。
 智弁和歌山(11位)と茨城の並木中等教育(12位)。1問目、投資商品に関する問題で智弁和歌山が正解です。
 次は岐阜(1位)と茨城の竹園(44位)です。また茨城ですが、竹園はネット大会の代表であることがわかりました。しかも、実際にネット大会で1位だったのは群馬の中央中等教育ですが、中央中等教育は他のチームが群馬大会で代表になっているために2位の竹園に権利が移ったそうです。1問目、行政がやることで、岐阜が正解です。

 高松(18位)と松山東雲(16位)。1問目、インバウンドに関することで高松が正解。2問目はクレジットカードについてで高松が正解。
 甲府南(30位)と福島(5位)。1問目の正解は生産年齢人口ですが、福島が労働人口と答えて不正解。甲府南は最初から問題を聞き直しますが、また「労働人口」と言います。この後、また出た。

|

« 13回エコ甲全国大会(その5) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その5) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その7) »