« 13回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その23) »

2019年4月27日 (土)

13回エコ甲全国大会(その22)

 今年は「クイズ関ケ原」があるのかと思って、関ケ原町のイベントのホームページを見てもよくわかりません。しかし現地でチラシを入手したところ、ないことが確定したようです。結局、春にやって、スタッフを全部入れ替えて秋にやって、それきりになったということです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。智弁和歌山派閥は全チーム不正解。宇都宮派閥も全チーム不正解。正解したのは甲府南、富山中部、中央中等教育、灘です。正解0チームの派閥と正解2チームの派閥が2つずつなので、智弁和歌山派閥と宇都宮派閥の椅子が1つずつ減って、旭丘派閥と中央中等教育派閥の椅子が1つずつ増えます。
 最終的に、智弁和歌山派閥は椅子が3つで、福岡が敗退。宇都宮派閥は椅子が0になって4チームとも敗退。旭丘派閥は椅子が2つで、8ポイントの富山中部と、7ポイントの中で予選順位の高い旭丘が勝ち抜けました。中央中等教育派閥は椅子が3つで、予選順位で土佐塾が敗退です。勝った灘は、予選順位が低かったので、派閥の他のチームと協力しないようにしたと言います。問題を読んだのは千葉銀行です。

 休憩後にマニュライフ生命のCEOのあいさつです。格闘技よりおもしろいと言います。この後、ピンチヒッター。

|

« 13回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 13回エコ甲全国大会(その23) »