« 2019年3月 | トップページ

2019年4月21日 (日)

13回エコ甲全国大会(その16)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 また入ってました。前回からわずか4カ月です。中で読んだ新聞で、日本の歴史の漫画について、東大クイズ王推薦という、大きく顔が載っている広告が出ていたのですが、今調べてもどの出版社のかわかりません。

――――(ここまで)――――

 その後たまたま入手した読売新聞に同じ広告が載っていて、中央公論新社の「マンガ日本の古典」であることがわかりました。

Recommend

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目に正解したのは7チームです。中央中等教育は解答して勝ち抜け。智弁和歌山も解答して勝ち抜けです。札幌南は中央中等教育と交換です。中央中等教育はそのヒントでわかったということですからね。
 しかし金大附属が解答して勝ち抜け、ラ・サールは解答して不正解、福岡は解答して正解で、これで終了しました。結局、どのヒントに当たるかでかなり運の要素がありました。問題を読んだのは北陸銀行です。13時半ごろ終わってまた休憩です。

 再開したと思ったら、クイズではなく来賓のあいさつです。大和証券投資信託委託の人です。高校生が優秀なので、この場で内定を出したいと言います。この後、朝食が水。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

13回エコ甲全国大会(その15)

 今日の「バラエティ生活笑百科」について電子番組表で見ると、「クイズで遺産分割!?」となっています。それでゲストが島崎和歌子って、何かを狙っていますね。これは見ておくべきだったか。この番組は、関東以外では再放送があります。地域放送の関係で関東だけ放送回数の多い番組はよくありますが、逆は珍しい。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。次の対戦は、中央中等教育、福島、松江高専、智弁和歌山、倉敷天城、札幌南、金大附属、ラ・サール、水口東、福岡、広島学院、宮崎第一です。
 1問目、税金に関するニュースです。8チーム正解。中央中等教育は広島学院と交換、福島は松江高専と交換、札幌南はラ・サールと交換、金大附属は智弁和歌山と交換、ラ・サールも智弁和歌山と交換。数が多くなると、どこのチームが何回も交換して有利になっているかわからなくなります。福島は倉敷天城と交換、広島学院は宮崎第一と交換、宮崎第一は福岡と交換。
 ここで解答者以外にヒントが1つ公開されますが、長い文章です。さっきの問題の6つのヒントを合わせたくらいです。

 2問目の正解は休眠預金ですが、広島学院が「すいみん預金」で正解になります。この後、それでわかる。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

13回エコ甲全国大会(その14)

 東京駅の八重洲側の地下街にあるNHKキャラクターショップのところを通ったら、「チコちゃんショップ」と化しています。大半のスペースがチコちゃんグッズで埋め尽くされています。これだけ売れているのか、一方で「ねほりんぱほりん」のグッズを買おうとしていたのがいつの間にかまったくなくなっていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、投資商品に関する問題で5チーム正解。すると土佐塾と岐阜が同じ別の答えを書いています。審議の結果、正解になります。
 岐阜は旭丘と交換、旭丘は宇都宮と交換、宇都宮は桜丘と交換です。旭丘も宇都宮も一気に2つのヒントがわかります。洛北は解答しますが不正解。大阪星光は藤島と交換、そして藤島は解答して正解です。藤島は、最初に受け取ったヒントだけで答えがわかったが、1問目に正解しなかったので解答できなかったといいます。そして土佐塾も解答して正解しました。

 3問目、環境に関する用語です。東大寺学園と岐阜だけ間違えます。旭丘が解答して勝ち抜けます。宇都宮も解答して勝ち抜けます。この時点で終了しました。ヒントのうち最初の6つは一つの文章になっていて、正解は日経平均株価でした。この後、長い。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

13回エコ甲全国大会(その13)

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 昨夜TBSで「最高の最低」という番組をやっていました。東大卒の芸人を集めて最もつまらないのは誰かという企画をやっていました。大喜利でおもしろい答えが出ないと早押しクイズに切り替わります。このクイズ部分が変にきっちりしていて、スタッフロールを確認したら、やはり私より少し下の世代の元クイズマニアが関わっています。

――――(ここまで)――――

 その裏で日本テレビでやっていた「ビッグ☆プレイ」の録画をようやく見ました。30メートルのブランコで靴飛ばしというのをやっていましたが、こちらには頭脳王の東大生が出ていました。今のバラエティは東大を出さないと成立しないのか。ここ何日かの番組を見ても「世の中には東大卒でこんなに頭がいい人がいる」という企画だらけで、一般の視聴者がそんなものを見たいというのが不思議でたまりません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。洛北は山口と交換します。高松は土佐塾と交換ですが、土佐塾が拒否します。桜丘は東大寺学園と交換。そして東大寺学園が解答に挑みます。司会にだけ答えを見せます。しかし不正解。勝ち抜け問題の不正解にペナルティはないことがわかりました。
 城東は高松と交換、土佐塾は山口と交換。これって山口は正解したわけでもないのにすでにヒントを3つ見ることができています。意外と下位が有利なルールかもしれません。ここ観客に、ヒントの一つを公開します(解答者には見えない)。「約2万円です」。この後、すぐわかる。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

13回エコ甲全国大会(その12)

 昨夜の「ブラタモリ」の再放送ではノートルダム大聖堂も取り上げられていましたが、タモリが「考える人」の姿勢が不自然だと力説していました。実は私は高校生クイズに出たときそれとまったく同じ話をしていて(船で移動中に見えたものについてのクイズが出て、その中に考える人があった)、その映像が(音声はないが)高校生クイズ近畿大会の番組で使われています。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。午後の第3ラウンドは「情報を収集せよ!インサイダークイズ」。現在負けていない24チームを12チームずつに分けて行います。
 最終的に勝ち抜け問題に正解すれば勝ち抜けなのですが、その問題は12のヒントから成っています。そして各チームに1つずつ、封筒に入ったヒントが配られるのです。ボードクイズで正解すると、「交換」か「解答」を選びます。交換の場合は、指定した他チームと封筒を交換します。ただし、その相手は交換を拒否することもできます(すでに勝ち抜けている場合は拒否できない)。解答の場合は、それまでに入手したヒントを元に勝ち抜け問題に解答します。12チームから4チーム勝ち抜けです。8問で決まらないときは、予選の上位のチームが勝ちです。

 最初の対戦は岐阜、旭丘、宇都宮、洛北、高松、山口、桜丘、大阪星光、藤島、東大寺学園、城東、土佐塾です。
 1問目、最近のフランスの動きについて。8チーム正解です。予選の上位から順に、交換・解答を選びます。岐阜が大阪星光と交換。旭丘が藤島と交換ですが、藤島が拒否します。この後、2万円。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

13回エコ甲全国大会(その11)

 今日の「バゲット」で、乃木坂46が高校生クイズの宣伝のためにVTR出演していましたが、ラルフアナがしれっとリポーターをやっていました。しかしラルフアナ自身は高校生クイズに一切言及しませんでした。個人的には、3月まで「ニュースチェック11」に出ていた気象予報士がもう再就職先を見つけているのに驚きました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、経済学の法則の名前です。3問目は現代史のかなり重要な用語。これで、昭和薬科が同じマスになって勝ち抜けました。そして弘学館と山形南が隣のマスで勝ち抜けです。山形南は答えを知らなかったようですが「4096分の1を取れた」。3問とも2人とも正解する確率という意味でしょうか。しかしこのチームはどち
らかが1問間違えているはずですが。単に3問で勝ち抜ける確率だとそれより19倍ほど高くなります。
 問題を読んだのは沖縄銀行の人です。前のラウンドでも読んでなかったっけ。

 11時半ごろ終了して、午後は12時45分からです。休憩中に全チームの映像が流れます。松江高専のクイズ研は今年できたそうです。この後、拒否。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

13回エコ甲全国大会(その10)

 昨日、ツイッターのトレンドに「アタック25」が入っていたのですが、クイズ芸人育成計画の人が本名で出場して圧勝していたようですね。「マスコミ関係者大会」と称して、間違ってはいないが芸人が出るのはありなのか?

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、IMFの特別引出権についての問題。変に難しい。両端が5人ずつぐらい正解です。これで灘はもうリーチになりました。次で2人とも正解すれば勝ち抜けです。
 3問目、国際的な経済指標をアルファベット3文字で。一方が8人、もう一方が4人ぐらい正解です。灘が隣同士になって勝ち抜けです。そして松山東雲も勝ち抜けになっていました。松本深志は間が1マスなので、あと1人正解で勝ち抜けです。精道三川台や湘南は間が2マス。
 4問目、財務諸表に関する問題で、圧倒的に正解が多い。同時に勝ち抜けたときは、同じマスの方が隣同士のマスより優先になります。しかし同じマスの勝ち抜けはありませんでした。隣同士は甲府南と精道三川台。予選の順位によって、最後の勝ち抜けは甲府南です。

 次は弘前、一関第一、仙台第二、山形南、竹園、川越、富山中部、御殿場南、青翔開智、弘学館、昭和薬科大附属です。
 1問目、「財務省の外局はどれ」。これは選択肢がよくできています。すべて財務省っぽい。正解は7人+5人ぐらいです。この後、4096分の1。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

13回エコ甲全国大会(その9)

 マイナビニュースで、平成に放送されたバラエティ番組の名場面というアンケートがありました。1位は「笑っていいとも!」の最終回なのですが、さすがにクイズ番組は入っていないだろうと思ったら、15位が「お笑いウルトラクイズ」のバスを水に沈めるやつ(クイズ番組か?)、20位が「SHOW by ショーバイ」でジャイアント馬場が早押し台を破壊する、23位が「平成教育委員会」で、タマネギの断面図という問題で田代まさしが柳生博の後頭部を描くというので、そんなの知ってるってマニアックすぎないか? ちなみに24位には福澤朗の闘牛が入っています。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。全国大会に参加しているのは46チーム(大分と熊本だけ地区大会がない&ネット予選)。したがって第1ラウンドで負けたのは23チームです。このうち中央中等教育が無条件で第3ラウンドということで、残り22チームを11チームずつに分けて、それぞれから3チームずつが第3ラウンドに進みます。

 最初の対戦は、秋田商、新潟、並木中等教育、渋谷幕張、早稲田、湘南、甲府南、松本深志、灘、松山東雲、精道三川台です。
 1問目、事前学習教材に載っていそうな、資産形成に関する問題です。答えるときは、チームの2人がそれぞれ外側を向くことがわかりました。一方の端は3人ぐらい、もう一方の端は5人ぐらい正解です。この後、選択肢。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

13回エコ甲全国大会(その8)

 今「昭和40年男」の増刊号が出ていて、テレビ番組の特集だけがまとめられています。しかしクイズ番組で取り上げられているのは「なるほど!ザ・ワールド」だけでした。ウルトラクイズもやってましたよね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。次は埼玉の川越(4位)と札幌南(23位)です。1問目、経済学で出てくる曲線で、川越が間違えて札幌南が正解します。経済学で出てくる波でもこういうパターンがありそうです。2問目、株主総会に関する言葉で札幌南が正解。
 松江高専(7位)と青森の弘前(15位)。1問目、経済学の難しい概念で、弘前も松江高専も押して不正解です。2問目も経済学の最新の概念について。なぜかここにきて学問の問題が続きます。弘前が押しますが答えを忘れます。両方0ポイントということで、勝ったのは松江高専です。
 ここまでの問題を読んだのは足利銀行、千葉銀行、北陸銀行、沖縄銀行2人です。10時50分ごろ終了して11時まで休憩です。

 第2ラウンドは「歩み寄れ!商談成立クイズ」。4択が最大7問出ます。舞台中央に7マスが横方向に並んでいます。各チームの2人はその両端のマスに立ちます。問題にはそれぞれのメンバーが答えて、正解した人はマスを内側に1つ動きます。チームの2人が同じマスになるか隣同士のマスになれば勝ち抜けです。同時に勝ち抜けたチームが多い場合や7問で勝ち抜けが出ない場合は、予選の上位が勝ちです。
 ここで「運営の都合で、第1ラウンドで負けた中で最も予選上位の中央中等教育は無条件に勝ち抜け」と発表されます。この後、外向く。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

13回エコ甲全国大会(その7)

 NHKの「鉄オタ選手権」、今度は「西武鉄道の陣」を収録したそうです。関西の大手私鉄はもう全部取り上げたので、これからは東京の番組になってしまうのか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目は四字熟語。エコノミクス甲子園全国大会で絶対に毎回出る問題です。昨年は全国大会の1問目でした。福島が正解します。

 ここで急に音が鳴ります。「ここからはクイズ研究会の対決です」。エコ甲がこんなことをやるのか。宇都宮(6位)と新潟(34位)。1問目、経済学の歴史上の著作で宇都宮が正解。
 次は早稲田(41位)と愛知の旭丘(3位)。始まる前にボタンを押してしまいます。1問目、東証に関する問題で早稲田が正解。2問目は現代史で旭丘が正解。
 神奈川の湘南(20位)と宮崎第一(43位)の女子。1問目、経済政策に関する用語で湘南が間違えて、宮崎第一は完全に答えませんが正解になります。2問目は報酬に関する問題でスルー。この結果、勝ったのは宮崎第一です。

 ところで、さっきクイズ研究会対決と言っていたのですが、いつの間にかクイズ研究会でなくなっているようなのですが、あれはどこまでの企画だったんだ。この後、運営の都合。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

13回エコ甲全国大会(その6)

 月曜日の「たまむすび」のメールのテーマは「私的行くべき場所」でした。ニューヨークの自由の女神という人がいました。子どものときにウルトラクイズで勝って行くつもりでいたが、番組が終了して行く機会がなくなったといいます。赤江珠緒は行ったそうですが「まあ思った感じの」と、あまり印象がないようでした。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。仙台第二(29位)と大阪星光(26位)。1問目、「アメリカのレーガン大統領や」で仙台第二が押して新自由主義を正解します。2問目、経済指標についてで大阪星光が正解。勝ったのは大阪星光です。
 智弁和歌山(11位)と茨城の並木中等教育(12位)。1問目、投資商品に関する問題で智弁和歌山が正解です。
 次は岐阜(1位)と茨城の竹園(44位)です。また茨城ですが、竹園はネット大会の代表であることがわかりました。しかも、実際にネット大会で1位だったのは群馬の中央中等教育ですが、中央中等教育は他のチームが群馬大会で代表になっているために2位の竹園に権利が移ったそうです。1問目、行政がやることで、岐阜が正解です。

 高松(18位)と松山東雲(16位)。1問目、インバウンドに関することで高松が正解。2問目はクレジットカードについてで高松が正解。
 甲府南(30位)と福島(5位)。1問目の正解は生産年齢人口ですが、福島が労働人口と答えて不正解。甲府南は最初から問題を聞き直しますが、また「労働人口」と言います。この後、また出た。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

13回エコ甲全国大会(その5)

 昨日の「開運!なんでも鑑定団」のゲストは小林亜星でしたが、慶応の医学部に合格したのに学校へ行かず音楽ばかりやっていたと紹介されていました。これは初耳です。今「ヒントでピント」や「わくわく動物ランド」があったら、「慶応医学部の小林亜星」という肩書きになっていたと思います。16分割で「慶応医学部の小林亜星さんが押した!」といちいち言われたり。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。倉敷天城の女子(19位)と富山中部(39位)。1問目、政権が以前言っていて最近聞かなくなった単語で、倉敷天城が正解。
 松本深志(38位)とラ・サール(27位)。1問目、経済学理論の用語で、一般の難問クイズ大会の定番で出そうな問題です。まさにラ・サールに答えてくれと言わんばかりで正解。
 山口(21位)と沖縄の昭和薬科大附属(31位)。1問目の正解は学資保険ですが、山口が押して「子ども保険」と答えます。不正解ですが、判定員の審議で正解になります。

 福岡(36位)と静岡の御殿場南(9位)。御殿場から静岡の予選会場に行ったのか。1問目、投資家に関する問題で福岡が正解。2問目は公害についてで福岡が正解。久しぶりに下位が勝ちました。
 佐賀の弘学館(13位)と三重の桜丘(24位)。1問目、人工知能に関する学問用語で桜丘が正解。2問目の正解はプライスリーダーですが、弘学館がプライステーカーと答えます。また審議になって、結局不正解。桜丘が正解です。この後、同じこと言う。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

13回エコ甲全国大会(その4)

 日曜日の「そこまで言って委員会NP」で、女子アナが辞めすぎるというのをやっていて、石川牧子が出ていました。定年になって関連会社に移ってそこも定年になってフリーになったというのを知りました。そもそも組織にいるから勉強できることも多いのであって、フリーになるのは決して勧めないようなことを言っていました。辛坊治郎によると、局アナはゴールデンの冠番組をいくつも持っているような人でもまったく仕事のない人でも、そのことによる給料の差は一切ないということで、高校生クイズをやっている人とかは不満をためているのかなと思いました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。次は灘(28位)と金沢大学附属(25位)です。1問目、事前学習教材に載っているような資産の心構えみたいな問題で、灘が押して間違えます。金大附属が最初から問題を聞いて正解。これで終了です。
 次は土佐塾(43位)と山形南(3位)。1問目、企業の生産方法で土佐塾が正解。2問目、組織形態についてで土佐塾が正解。下位が勝ちました。次は長崎の精道三川台(41位)と滋賀の水口東(33位)。1問目、環境に関することで水口東が正解して終了です。
 続いて群馬の中央中等教育(2位)と広島学院(42位)。1問目、「労働三法とは」で始まって、答えが労働組合法です。これを聞くのは珍しいのではないか。広島学院が正解。2問目、経済政策についてで広島学院が正解です。この後、審議続き。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

13回エコ甲全国大会(その3)

 先日「TVチャンピオン極」の文房具王の回を見たら、早押しクイズで、普通のボタンをわざわざおもちゃの刀で叩いていました。むしろ予算のない中で演出に苦労しているというのが感じられてしまいました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。最初の対戦は秋田商の女子と洛北です、秋田商は予選で14位、洛北は10位。1問目、給料に関する簡単な問題で秋田商が正解。2問目は不当な商行為で洛北が正解です。したがって勝ったのは洛北。
 次は鳥取の青翔開智(17位)と徳島の城東(40位)。1問目、保険の問題で城東が正解。2問目、日本の硬貨の額面を全部足すとという定番の問題で青翔開智が押して間違えます。すると城東に対して最初から問題を読み直します。城東が正解して、下位チームが勝ちました。

 次は東大寺学園(35位)と千葉の渋谷幕張(8位)。1問目の正解は飛行機のオーバーブッキングですが、東大寺学園がダブルブッキングと答えて正解になります。例によって舞台の下には判定員が並んでいます。2問目、国際的な新たな概念で、東大寺学園が正解。また下位が勝ち抜けました。
 次は岩手の一関第一の女子(22位)と福井の藤島の混成(32位)。1問目、エコ甲の事前学習教材でしか聞かない単語で藤島が正解。2問目、投資に関する用語で藤島が正解。また下位が勝ちました。プレゼン&筆記と早押しでは能力が異なるようです。この後、それを聞く。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

13回エコ甲全国大会(その2)

 書店で、「超問クイズ」の本があるのを発見しました。

 前に出たのは「1巻」でしたが、○☓クイズをやらなくなったので、別の本になったんですね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。今年は始まっていきなり、前日やった予選クイズが画面に表示されます。ユーグレナの社長の講演があって、これに基づいて環境×経済×教育でプレゼンをやったそうです。この審査には環境大臣も加わっています。それから前夜祭です。各金融機関が持ってきた特産品の抽選会があります。そして筆記クイズがあります。

 今日の第1ラウンドは「先手必勝!先行者利益クイズ」。1対1の早押しです。組み合わせ抽選は事前にネット中継されていました。問題は1対戦につき最大2問で、相手より多く正解した方が勝利です。そして正解数が同じなら、前日の予選で上位の方が勝ちです。このため、上位チームは1問正解した時点で勝利が決まります。勝つと第3ラウンドにシード、負けると第2ラウンドです。この後、ダブルブッキング。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

13回エコ甲全国大会(その1)

 昨日「金スマ」で志村けんについてやっていましたが、志村についてコメントするタカアンドトシの映像として「キャプテン☆ドみの」のものが使われていました。あの番組、あったことにしてよかったんだという感じがしてしまいました。

 それでは、そろそろエコノミクス甲子園の全国大会について書くことにします。会場はこれまで何度か使った国立オリンピック記念青少年総合センターです。しかしいつもの大ホールが取れなかったようで、客席数が半分ぐらいの小ホールです。それで、一般の観覧を一切受け入れないことをしつこく告知していました(そもそも会場がどこであるかも発表していない)。エコ甲の全国大会を観覧に来る一般客なんて数えるほどで、何の影響もないと思うのですが、特に来てほしくない人がいたのかもしれません。

 10時になると宮崎第一が選手宣誓します。途中で言うことを忘れています。司会の学生は慶応で、10回の全国大会決勝で負けたそうです。ここで、問題をインターネットに漏洩するなというのを読み上げるのですが、今から自分たちがインターネットの配信で問題を流そうとしているのに、言っている意味がまったくわかりません。主催者がインターネットに公開したことをインターネット上に記録するのを漏洩というのか。何かを排除したいという思いが先走って、こんなおかしなことになってるのか。この後、大臣。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

第2回ガチンコクイズ王決定戦(その12)

 発売中の「ESSE」に、東大ナゾトレの冊子がついています。独自の問題も載っているそうです。そういえば東大ナゾトレの人は「今ちゃんの『実は…』」だけでなく先日は「怪傑えみちゃんねる」にも出ていましたけど、ナゾトレは関西では放送していないのにこの人が誰かわかるのか?

 それではガチンコクイズ王です。6問目、サッカーに関する簡単な問題でBが正解。7問目、ノーベル賞を取った団体の名前ですが、これは覚えにくくてスルー。8問目、クラシック音楽で、こういうのはクイズマニアの得意な記憶でAが正解。9問目、ポケモンについてでBが正解。10問目、有名らしいチーズタルトの店ですが、こういうのはクイズマニアに答えられるわけがありません。スルーです。

 11問目、ベタな略語の問題でBが勢いよく押してリーチ。12問目、東京の地名でAが正解してこちらもリーチです。13問目、化粧に関する問題でAが勝負をかけますが不正解。14問目、文学作品の書き出してBが優勝です。

 司会が、客席に芸人がいるのに気づきます。一般参加していて、ペーパーは15点だったそうです。この後、以前にもやった、早押しクイズ体験会がロビーであります。結局、もともと押したい人が集まるだけですが。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

第2回ガチンコクイズ王決定戦(その11)

 昨日の「今ちゃんの『実は…』」ではパズル対決のコーナーがあって、本当のプロの対戦相手として、東大ナゾトレの人が出ていました。そして、途中で番組が終わって、続きは次回となっていました。このくらいの大物になると2週引っ張るのか。それならなぜ今回も、新聞のテレビ欄には一切書かない。

 それではガチンコクイズ王です。決勝は、Aがペーパー19点の太った人です。40歳でクイズ歴6年だそうです。Bはクイズサークルに入っていて彼女なしと言うと、芸人が「おらんに決まってるやん」。Cはアフロっぽい髪型です。クイズ歴8カ月で社会人サークルに入っているそうです。Dは長髪でマフラーをしています。ヒッピーみたいです。クイズ歴は5年です。

 決勝は「最終決戦!ガチンコ早押しクイズ!」。5○2☓でエンチャンなしです。もう「エンチャン」で説明がつく人たちです。ウルトラクイズで決勝の1問目が出る前の曲が流れます。
 1問目、ゲームの開始に関する問題でBが正解。2問目、インターネットのサービスでCが不正解です。3問目、慣用句でAが正解。4問目、サラダに関するベタ問でAが正解します。5問目は芸人の最近の動向です。こういうのは、この決勝に残るような人はスルーです。この後、チーズタルト。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

第2回ガチンコクイズ王決定戦(その10)

 この前のガチンコクイズ王に出ていた芸人が、予告通り、新元号に合わせてコンビ名を変えることを発表しました。これで、コンビ名をつけたのは誰かというあの問題がもう通用しなくなりました。

 それではガチンコクイズ王です。1問目、歴史上の人物かと思ったらその業績で、Cが間違えてAが正解です。2問目、元素名ですが、まさにベタ問の押すタイミングでAが正解します。3問目、芸人に有利な問題でスニーカーのブランド名を芸人が正解します。4問目、競馬に関する問題でBが正解。
 5問目は芸人が徳島住みます芸人であることに関する文学の問題ですが、芸人が難しいことを言って間違えます。さだまさしの小説のタイトルでCが正解。私もそちらしか知りません。
 6問目、数え方についての問題でEが間違えてCが正解。7問目、剣道についてでFが正解です。8問目は芸人がラーメン好きということで出た問題で、聞いたことがない言葉を芸人が正解します。「美味しんぼ」にそういう人が出てくるそうです。
 9問目、アメリカの大学名でDのクイズ王が正解。10問目、「いだてん」についてですが、最後なのでDがわからないのに押してでたらめな名前を言います。スルーです。結局Aが勝ち抜けて、前回決勝の3人は全滅です。この後、彼女いない。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

第2回ガチンコクイズ王決定戦(その9)

 地方のラジオを聞いていたら突然「ジャストミート」という叫びが聞こえました。福澤朗がセブン&アイのアプリのラジオCMをやっているのを知りませんでした。

 それではガチンコクイズ王です。3人によるサドンデスになります。「激しく争うことを刀にたとえて」でDが押してつばぜり合いと答えます。しかし不正解。「何を削るという」でした。典型的な間違いのパターンです。これで芸人は何もしていないのにチャンスが広がりました。次の問題、「世界で一番高い山はエベレスト」からのひねりのない展開でEが正解して勝ち抜けます。

 ここで、ミスで1人多かったことによる早押し機の設置です。ちゃんと「F」の札が用意されています。不測の事態への備えは怠りません。第4ブロックのDがクイズ王で、隣のEもよくテレビで見る人のような気がします。芸人たちが「一般の方でこんなに盛り上がれるのなら僕らいらんでしょ」。Cは前回涙を流した人であることがわかりました。C、D、Eが前回の決勝メンバーです。この後、美味しんぼ。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

第2回ガチンコクイズ王決定戦(その8)

 先月これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 昨日は東大王の講演会に行きました。最後にクイズのコーナーがあって、全員がスマートフォンで参加します。しかし私は受付で、QRコードの紙をくれなかったぞ。参加できませんでしたが、自分の成績だと会場でトップになって東大王も上回って、サイン本をもらえる可能性があったのに(不正解だった問題が東大王と同じで、解答スピード勝負)。くやしいのでこの場で書いておきます。

――――(ここまで)――――

 来月、この講演会をまたやるようです。それだけ集客が見込めるのか。あのクイズアプリはまた使えるのかな。

 それではガチンコクイズ王です。2問目、小学校の算数ですが、どれを聞いてくるか予想がつかなくて、Bが不正解でEが正解です。3問目、最後まで聞くと簡単な生活問題ですが、Bが不正解でCが正解。4問目、芸人にちなんだ問題で、大阪にある会社でEが正解。5問目、ジブリアニメでDが正解です。
 6問目は昔の東京オリンピックの問題でAが正解。7問目は楽器の名前でBが世界です。8問目、織田信長についてでBが正解。9問目は関西の会社名でDが正解です。

 10問目、芸人は5月から新元号にちなんだコンビ名に変えるそうですが、ここで元号の問題を芸人が正解します。これは想定外で、DとEと芸人が2ポイントずつで並びました。この後、用意している。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ