« 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その9) | トップページ | 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その11) »

2019年3月21日 (木)

第7回埼玉クイズ王飯能大会(その10)

 この前、東大王3時間スペシャルが多くのネット局で放送されなかったと書きましたが、毎日放送では、吉本新喜劇60周年の番組をやっていたことがわかりました。この番組について博多大吉がラジオで話していたのですが、VTRが「プロジェクトX」のパロディーになっていて、ナレーターに本物の田口トモロヲを起用していたが、霜降り明星がすでにプロジェクトXを知らない世代で、的確にツッコめていなかったそうです。もうそんな「常識」も通用しないようになっているんですね。

 それでは埼玉クイズ王です。決勝は5ポイント先取ですが、制限時間15分以内に決まらないと、その時点でトップのチームが決勝大会進出です。
 1問目、統計に関するもので、正解は精米ですが、中年男性が白米と答えて不正解。2問目は行田市の行事で大学生が正解です。3問目、バトミントン選手の名前で若い男女が正解ですが、ここで司会の一人が、自分の母親のテニス部時代の師匠だと言います。

 4問目、浦和レッドダイヤモンズという品種がある植物で、大学生が正解。このチームの老けた外見を「将棋の名人」といじります。5問目は埼玉の企業で若い男女が正解。6問目、埼玉の野菜で若い男女が連取します。7問目は恒例パターンです。「VS嵐」の「チーム埼玉」について聞いてどうする。中年男性が正解です。この後、接戦。

|

« 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その9) | トップページ | 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その9) | トップページ | 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その11) »