« 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その4) | トップページ | 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その6) »

2019年3月15日 (金)

第7回埼玉クイズ王飯能大会(その5)

 水曜日の深夜に静岡朝日テレビを見に行ったことで、入っていて見られなかった「タモリ倶楽部」の「クイズ早大王」の回も見ることができました。クイズ研の所有しているオープン大会問題集についてきっちり取り上げていました。1問ごとに「超難問」という黄色の透明の文字が出るのまでやっていたんですね。

 それでは埼玉クイズ王です。12問目、聞いたことがありませんが、埼玉の大使みたいな人の問題です。これで高校生など4チームが勝ち抜けました。決勝に行けるのはあと2チームです。
 13問目、鴻巣に関係ある歴史上の人物で、別の高校生が勝ち抜け。14問目、埼玉の高校が優勝した大会について。女子のいる高校生チームが勝ち抜けて、終了になりました。

 決勝のA組、3チームによる早押しです。男女のチーム、同じ会社でしょうか。若い女性のチーム、そして川越高校は「d線上のおらアリアとオラトリオといぐも」というやたら長くて意味のわからないチーム名です。
 スタッフが、三択と早押しのチェック表というのをつけていることに気づきました。どの問題にどのチームが答えたか記録しているのです。これってかつて、早押しで5ポイント取っていないチームを勝ち抜けたことにしてしまった(しかもそのチームが最終的に決勝大会で優勝してしまった)ミスの反省によるものでしょうか。この後、判定。

|

« 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その4) | トップページ | 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その5):

« 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その4) | トップページ | 第7回埼玉クイズ王飯能大会(その6) »