« 13回エコ甲岐阜大会(その5) | トップページ | 13回エコ甲岐阜大会(その7) »

2019年2月 6日 (水)

13回エコ甲岐阜大会(その6)

 昨日の深夜にまた「99人の壁」が再放送されていました。なんとか数字を上げようと必死なのが伝わってきます。そして、宣伝的に子どもを前面に押し出しているのが感じられます。子どもが大人を倒す番組というコンセプトで、子どもが勝ちやすいルールが打ち出されてくるでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。7問目の正解はストライキですが、高山西が「労働組合」と答えます。この対戦は押して誤答が異常に多い。8問目は法律で岐阜の女子が正解です。

 C組は飛騨高山の女子、斐太、岐阜です。1問目、外国の地名で斐太が正解。2問目は生活に出てくるがややなじみのない言葉で、斐太が間違えます。3問目はエコ甲によく出る問題ですが(というか最初に作ったのは私。初期のスタッフがそろわない時代には問題提供した。今は「関係者の方ですか」と排除される)、スルーです。
 4問目、現代史の問題で岐阜が正解。5問目の正解はハッキングですが、岐阜が途中で押して「ハッカー」と答えて不正解です。6問目は最近は誰でも知っているもので斐太が正解。

 D組は鶯谷、岐阜、高山西です。1問目は税金の問題で鶯谷が正解。2問目、クレジットカードについてですが、高山西がかなり早く押して「割賦、割賦、割賦」と何回も繰り返します。不正解です。問題は「一括払いは何回払う?」。この後、アクセント。

|

« 13回エコ甲岐阜大会(その5) | トップページ | 13回エコ甲岐阜大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13回エコ甲岐阜大会(その6):

« 13回エコ甲岐阜大会(その5) | トップページ | 13回エコ甲岐阜大会(その7) »