« 13回エコ甲飛騨大会(その2) | トップページ | 13回エコ甲飛騨大会(その4) »

2019年1月 2日 (水)

13回エコ甲飛騨大会(その3)

 電気グルーヴが結成30周年で「ウルトラのツアー」というのをやることになっていて、ピエール瀧は今年1年、芸名を「ウルトラの瀧」にする意向を示していますが、そのツアーのロゴが、完全にアメリカ横断ウルトラクイズなんですね。ウルトラハットの絵までついています。そういう世代だということですね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。筆記が終わって休憩が10分あります。この間に急いで解答を表示します。この地区は午後のスタートなので昼食はありません。

 筆記の近似値問題で正解に最も近かったのは飛騨高山です。すると司会の女性行員が、サンタクロースの袋のようなものから、カントリーマアムの期間限定のものを取り出して渡します。この大会はいろいろな賞があるそうです。
 続いて一番早くエントリーしたチームにも賞があるそうです。斐太で、ここには先ほどとは別の期間限定カントリーマアムが渡されます。この後、交換。

|

« 13回エコ甲飛騨大会(その2) | トップページ | 13回エコ甲飛騨大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/67548156

この記事へのトラックバック一覧です: 13回エコ甲飛騨大会(その3):

« 13回エコ甲飛騨大会(その2) | トップページ | 13回エコ甲飛騨大会(その4) »