« 岐阜県統一クイズ王決定戦大垣大会(その11) | トップページ | 13回エコ甲飛騨大会(その2) »

2018年12月31日 (月)

13回エコ甲飛騨大会(その1)

 先週、読売テレビで「霜降り明星100人斬り」という番組をやっていました。100人の一般人が次々に現れて、それぞれ時間内に笑わせるというもので、演出はイロモネアに非常に近いですが、その中に「京都大学クイズ研」というのが出てきます。クイズ研は全然関係ないと思うのですが、クイズ研がテニスサークルみたいに一般的な集団の属性として認識されるようになったんですかね。一応、知的なネタをやらないといけないというようなことを言っていました。

 さて、岐阜県統一クイズ王が終わって、また岐阜県です。11月18日に高山市で行われたエコノミクス甲子園飛騨大会です。岐阜県の予選は岐阜市と高山市でそれぞれ予備予選をやって、その勝者が再び岐阜に集まって代表を決めます。

 会場は十六銀行の高山支店ですが、観光客だらけの通りを行きます。江戸時代の家みたいなデザインの建物です。
 しかしエコ甲の表示がどこにも出ていません。建物の裏の駐車場に回ると通用口があります。どうやらここから入るようですが、インターホンで呼ばないといけません。ここから入ると中の構造はどこかの公民館みたいです。この後、開放。

|

« 岐阜県統一クイズ王決定戦大垣大会(その11) | トップページ | 13回エコ甲飛騨大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13回エコ甲飛騨大会(その1):

« 岐阜県統一クイズ王決定戦大垣大会(その11) | トップページ | 13回エコ甲飛騨大会(その2) »