« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

クイズ芸人育成計画4(その10)

 書泉グランデに行ったら、「趣味十選」というキャンペーンをやっていることを知りました。毎年この時期に、来年度にはやる趣味を予想して、その本をPOP展開したりするらしい。その中に「クイズ大会」というのが入っているのです。そこまで市民権を得るようになったのか。

 5問目、スポーツの簡単な問題で過呼吸の人が正解です。6問目はペーパー1位が正解、7問目は第1回優勝が政界です。いずれも一般生活で出てくるがやや難しい言葉で、こういうのは上位が押さえています。

 8問目の正解は(かき氷の)白くまですが、押した人が「宇治金時」と答えて不正解。第1回優勝がこの問題を拾います。貪欲に答える態度に司会から「ガチやな」と言われて「お笑い何も結果出とらんわ」。この後、読み違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

クイズ芸人育成計画4(その9)

 以前、「風雲!たけし城」のプロデューサーがラジオで話していたことで、番組が終わった理由として、毎回100人出場していて、関東近辺で出演させられるような一般人が尽きたということを言っていました。「99人の壁」が同じようなことにならないかという懸念があります。

 それではクイズ芸人です。押して不正解の場合はその問題には答えられません。1問目、オウンゴールとオルゴールでいきなり勝ち抜けます。2つの答えが似た言葉だという推理が働いています。2問目、下克上と西九条でもう決定しました。さっきスーパーヒトシ君を出していた人が、今度はモヤッとボールを出します。
 次のブロックで3問目、サラウンドと皿うどんでカープ女子が勝ち抜け。この問題が出る前に、隣の人が「サラウンドで聞こえるから」と言っていたにもかかわらず取れませんでした。4問目、奥の細道と速水もこみちで決定しました。

 「最終決戦!ガチンコ早押しクイズ」。4○3×で5人が本戦に進みます。1問目、ペーパー1位が正解。2問目は料理の名前で、第1回優勝が早く押して答えます。3問目は文学の常識問題ですが二重音声の一抜けの人が不正解。4問目、クイズでしか聞かないような知識で、第1回優勝が正解します。クイズの勉強をしていることがわかります。この後、結果出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

クイズ芸人育成計画4(その8)

 「クイズ関ケ原」の第2弾があって、前回制作したクイズ王らが一切関わっていないそうですね。しかし東軍と西軍の大将としてはそれぞれ東大王を用意しています。果たして主催者が前回の関係者を排除してどんな大会になるのか、私がここで報告しなければいけません。しかし法の力により行けませんでした。

 それではクイズ芸人です。早押し台をクイズ王らが運んできます。全部で12台あります。ということで、敗者復活戦です。

 ここまでの敗者21人を10人と11人に分けて行います。先にやる人を10人募ります。

 敗者復活のクイズは「音声多重早押しクイズ」。1ブロックにつき2人が勝ち抜けです。この後、モヤっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

クイズ芸人育成計画4(その7)

 フジテレビ系で「全人類がリサーチャー 特定せよ!」という番組をやっていましたが、確か関西ローカルで過去に2回、深夜にやっていました。そのときに比べて、特定するのが簡単というか、メジャーな情報を使って特定するようになっていると感じました。これが全国放送でプライムタイムにやるのに合わせた演出ということか。仮にレギュラー化されたとすると、こういうのが積み重なって、なんかつまらないなという番組になってしまうのでしょうか。神ギ問のときと同様に。

 それではクイズ芸人です。ノーベル賞を環状線で調べたという人が他に調べたのは、平成になってからの総理大臣だそうです。

 4問目、日本のスターバックスのコーヒー用カップの大きさです。この時点でトップの人は14点です。ペーパークイズでトップだった人です。
 最終の5問目、ハリーポッターの小説のサブタイトルです。これは難しいと思ったら、7つすべて正解が2人います。

 最終結果は19点が2人。ペーパーの1位と第1回優勝者です。18点が2人、17点が2人。さっき答えを消した人は、点数が入っていれば22点でした。この後、運ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

クイズ芸人育成計画4(その6)

 昨日の「噂の!東京マガジン」で、清水国明が「さっきのVTRを、ボーッと見てるんじゃねーよ」。すると周りが「チコちゃん」「チコちゃん」。民放でこれだけ普通の会話として成立するのですから、完全に定着したということですね。

 それではクイズ芸人です。多答ドボンクイズは、正解した個数が得点になるが、間違いが含まれるとその問題は0点です。
 2問目、サッカー日本代表の監督を務めた外国人です。答えは8人いますが、7人正解した人がいます。これは難しいかと思ったら意外にできています。そして、6つ正解したのに判定前に消してしまって0点になった人がいます。

 3問目は、日本人が受賞したことがあるノーベル賞の部門です。これは一転して簡単です。さっきの州を調べたという人が、ノーベル賞も大阪環状線の車内で調べたと言います。この後、他にも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

クイズ芸人育成計画4(その5)

 クイズ芸人育成計画の次の開催予定があるのかと思って検索すると、当ブログばかり出てきますね。ポストよしもとの公式サイトはしっかりしてもらいたいものです。現在、改装工事中のため休んでいるようですが。

 それではクイズ芸人です。2位は24点が2人。4位は22点が5人。9位は21点が4人。勝者はここまでです。クイズ王の予想よりはるかにボーダーが高い。これだけ勉強しているらしいということです。次点の20点は、毎回出ている光り物の服装の人で、この見かけでも勉強しているらしい。

 第1回優勝者はギリギリでの通過でした。敗者を客席の後ろに下げます。次は「多答ドボンボードクイズ」6人が勝ち残ります。
 1問目、アメリカの州で「ニュー」がつくものです。4つのうち3つ正解したのが2人います。来る前にアメリカの州を調べてきたそうです。この後、消す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

クイズ芸人育成計画4(その4)

 今、アフリカの閣僚が日本に集まっていますが、それに関して、JICAが主催する、アフリカの稲作についてのシンポジウムを取材しました。そしたらあいさつするJICA理事長が、東大寺学園のOBでした。いつも同窓会の時だけ見る人がこんなことをやっていると逆に違和感があります。クイズに関係ない話でした。

 それではクイズ芸人です。参加する芸人の中に、本物のスーパーヒトシ君を持ってきている人がいます。どうやって手に入れたのかはわかりません。

 今回、女性は3人参加しています。その中の一人がカープ芸人らしくて、カープのユニフォームを着ています。そしてたまたま、ペーパークイズにカープの問題が出ました。
 前回は客として来ていたが、直談判して出場したという芸人もいます。

 1位は26点で、客の最高点と同じです。これまではペーパーでギリギリで落ちていた人です。この後、調べる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

クイズ芸人育成計画4(その3)

 あるところで「知識検定」というチラシを見つけました。来年2月にあるんですね。もはや検定ではなくてただのクイズではないか。1000問出るのか。

 それではクイズ芸人です。第1ステージは「基礎クイズ力測定画像ペーパークイズ」。上位12人が次に進みます。

 前半の問題は、これまで3回のペーパークイズで最も簡単です。全体に見てもレベルを抑えています。
 私は24点でした。クイズ王は22点だったそうです。そして客の中に、26点という人がいます。過去最高得点です。しかしそんな人が、静岡県の形を見て何県か答えるという非常に簡単な問題を間違えています。
 クイズ王は、14〜15点ぐらいがボーダーラインと予想します。この後、スーパー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

クイズ芸人育成計画4(その2)

 今月のナナマルサンバツですけど、3つあるもののどれを問うかというので、一瞬のFとHの違いを聞き分けて答えたというのですが、それ以前に、Fの方を答えにしたらつまらないから必然的にHが正解だと思うのですが。ちょうど、以前書いた「大和郡山市は奈良県」では当たり前で問題としておもしろくないというのと同じです。一応、ネタバレしないように書きました。

 それではクイズ芸人です。前回の決勝進出者を先に紹介します。そして今回はクイズ王が予選から出演するそうです。「前回は決勝を見てから神戸オープンの打ち上げに戻りました」「クイズ好きなんですね」。

 開始10分でもう第1ステージが始まります。前々回は20分遅刻してもまだダラダラ出場者紹介をしていましたが。この後、最高点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

クイズ芸人育成計画4(その1)

 先日、ラジオで天気予報を聞いていたら、気象庁の売店には、ここでしか売っていない天気記号トランプというのがあるそうです。ジョーカーに描かれているのは「天気不明」の◯に×の記号だそうです。

 さて、8月12日にもクイズ芸人育成計画がありました。当日買ったチケットの番号は14番で、またこの程度の観客かと思いましたが、中に入ったらこれまでで最も多い客がいます。

 司会は1回目の人、問題を読むのは2、3回の人でした。出場は27人です。出演者が「前回来たという人、こちらも顔を覚え始めました」。このあと、クイズ好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その24)

 広島FMの「9ジラジ」、今年も「エコノミクス甲子園への道」をやっていることに気づきました。しかし広島大会は今年も、観覧には事前の申し込みが必要と書いてあります。このところずっと、実はラジオを聞いたと言えば入れるようになっています。

 それでは埼玉クイズ王です。11問目、行田の特産物で男女が正解して決定しました。
 ここも終わってからインタビューがあります。中学生は駒場東邦だったそうです。年配女性は朗読のボランティア団体です。男女は、夫婦と妻の妹で、これまで6回の大会にすべて出ていて、早押しは3回経験しているそうです。
 15時過ぎに終了しました。結構時間がかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その23)

 今夜はネプリーグとQさま!!が完全に裏番組になっていましたが、これは非常に珍しい。これだけ長く同じ時間帯にやっているのに、過去数回しかありません。おそらく暗黙の了解で、両局で時間が重ならないようにしているのだと思います。そういえば近年、バラエティ番組を見ていてCMで他局にザッピングすると、そちらもCMです。これって、チャンネルを変えられないために、自然と各局が同じ時刻にCMを入れるようになったのでしょうか。

 それでは埼玉クイズ王です。5問目、浦和のキャラクターで男女が正解。6問目は一般的な単語を埼玉に結びつける問題で、年配女性がギリギリで押して正解です。
 7問目はスポーツ選手の名前でスルー。8問目、警察署の名前で男女が正解。9問目、所沢の食べ物で男女が正解してリーチです。

 10問目の正解は「じゅん散歩」で、埼玉で行った場所が問題文に入っています。このパターンは非常に多い。年配女性が正解です。この後、ボランティア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »