« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その22)

 昨年このようなことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 「水曜日のダウンタウン」ですが、VTR中でりゅうちぇるが裏番組に出ているとして、写真も似顔絵も使いませんでした。それなのになぜか、裏番組のメイン出演者である又吉直樹がスタジオゲストです。Eテレは誰も見てないから裏番組と認定されないのか?

――――(ここまで)――――

 この前は、又吉の後番組のナレーターである吉村崇が水曜日のダウンタウンに出ていました。やはりEテレの裏かぶりは規制が緩いのか。ちなみにNHK同士だときっちりしていて、以前、Eテレの再放送の時間帯に、総合テレビの関西ローカルで同じタレントが出ることがあって、関西だけEテレの方が別の回に差し替えられていました。

 それでは埼玉クイズ王です。3問目は埼玉のタクシーに関する問題。これは結構難しくて、一気に14チームに減りました。すると次の問題から○×ではなく三択でやるそうです。
 4問目、遺跡についての問題で、9チーム正解。5問目は坂戸の金魚についての問題で、正解が3チーム。この3チームが早押しをやることになります。

 決勝の制限時間は10分です。年配女性のチーム、中学生のチーム、男女です。
 1問目、さいたま芸術劇場の問題で、中学生が不正解で年配女性が正解します。2問目、名誉市民の問題で年配女性が不正解。3問目は三郷市の寺で中学生が正解です。4問目、恒例の、ネタに困ったときに市町村名の文字を探す問題で、男女が正解します。この後、散歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その21)

 今朝、「すイエんサー」の再放送を見ていましたが、最近時々やるようになった、チームにわけてサバイバルで対決するというので、その場にあるものを使って早く火を起こすといったことをやっていました。考えてみれば、これって今年の高校生クイズにそのまま使えるものですね。この番組も元ネタだったかもしれません。

 それでは埼玉クイズ王です。11問目、日高市の観光地についてでスルー。12問目は湖で親子が正解。13問目、書店の名前で高校生が逆転勝利です。
 親子と書いてきたチームは親子ではなく、その場で即席で作ったチームらしい。埼玉新聞と書きましたが、テレ玉とかタレントも関わっていたようです。そして高校生は浦和高であることがわかりました。

 次は敗者復活戦です。◯×の1問目、京浜東北線の駅についてで、圧倒的に正解が多い。2問目は国の統計で、これもほとんどが正解です。しかし過去の優勝チームが敗退します。この後、移行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その20)

 書くのを忘れていましたが、先週末に出かけていて日曜日の16時前に東京に戻ってきました。それで閉まる直前の開成の文化祭に行って、クイズ研の冊子を手に入れてきました。教室ではずっと早押しをやっていましたが、一般の人が参加できるように、ちゃんと問題のレベルを低く抑えていました。開成でこういう問題をやっていると逆に違和感があります。

 それでは埼玉クイズ王です。4問目、深谷市の食べ物で埼玉新聞が正解。5問目は白岡市の祭りで、埼玉新聞が押して間違えます。
 6問目は川口市の高校についてで、これは高校生が正解。7問目は、一般的なものを埼玉ではこうと定義して問題にするパターンです。これで埼玉新聞がリーチです。

 8問目は埼玉国際マラソンについてですが、これを知っているのは意外です。親子が正解します。9問目は歴史上の人物で高校生が正解。アドバンテージがあるので、これでリーチです。10問目の正解は内村航平ですが、親子が「うちかわこうへい」と言います。リーチの埼玉新聞も押して不正解。この後、即席。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その19)

 これまで用意して使っていなかったネタで、東京メトロクロスワードラリーというのがあります。東西線の4駅に行って街で3つずつわかるカギと、映画「夏目友人帳」のカギで大半を占めていて、ちゃんと黒マスが連続しないまともなクロスワードになっています。よくこんなのが作れたと思ったのですが、これを書くために確認したら、一般のカギの最後が、北海道のメロンで有名な市を「◯◯◯リ」で答えるという、クロスワードのルール違反になっていて、画竜点睛を欠いていました。

 それでは埼玉クイズ王です。7問目、有名な店の名前を埼玉に結びつけたような問題で、女子中学生が押して不正解で、おじさんが正解して一気に勝ち抜けました。

 Bブロックは、おそらく埼玉新聞のチームと、親子と高校生です。高校生はボタンを押すのにひざまずいて構えています。
 1問目、さいたまスーパーアリーナの問題で高校生が正解。2問目はイベントについてで埼玉新聞が取ります。3問目は行田の食べ物で埼玉新聞が連取です。この後、うちかわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その18)

 今日の「ごごナマ」のゲストは石丸謙二郎でしたが、「SASUKE」の映像が使われていたのには驚きました。毎回、一般人として応募して、最近も出場し続けているが放送でカットされるそうです。緑山でドラマを収録しながら途中で抜けてSASUKEをやったこともあるそうです。

 それでは埼玉クイズ王です。1問目、道路の名前でおじさんが正解。2問目は大学の名前でおじさんが正解。3問目は羽生市のキャラクターでスルーです。
 4問目、埼玉と関係ない有名イベントを埼玉に結びつける問題で、おじさんが正解。独走です。

 5問目は中華料理店の名前で女子中学生が初めて正解。6問目はダサイタマについて。そんなの出していいのか。おじさんが正解してリーチです。この後、ひざまずく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その17)

 この前の土曜日に日本テレビで「脳力をあげる10の方法」という番組があって、テレビ欄を見る限り通販番組かと思ったのですが、読売テレビなどで同時放送していることがわかって、どこか特定のスポンサーがついて作らせた番組だと判断しました。見てみたら、何人かの東大生の勉強法に密着するコーナーがあったのですが、東大に入るための受験テクニックみたいなことを大学に入ってからもやっているような内容で、大学での勉強ってそのようにするものかと疑問を覚えました。番組的には「東大生はなんかわからないけどすごい」ということで視聴者は納得するということでしょうか。

 それでは埼玉クイズ王です。13問目は全チーム正解。14問目はチェーン店の名前で、また全チーム正解。15問目は元レッズの選手で、簡単だと思ったのですが、女子中学生のチームが間違えて決定します。この世代にはわからなかったか。主催者サイドとしては最も残ってほしかったチームだと思いますが。

 決勝のAブロックは、他の女子中学生のチームと、親子のチームとおじさんのチームです。この後、ダサい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その16)

 土曜日にやっていたNHKと日本テレビが同時放送する番組、同じ内容だから片方のチャンネルだけ録画すればいいと思っていたら、VTR部分が違うではないか。さらにチコちゃんは別の時間帯に両方の局に出て別の問題を出していました。

 それでは埼玉クイズ王です。11問目は川口市にある博物館で、1チーム勝ち抜け。12問目はさいたま市に開業する病院で1チーム勝ち抜け。中学生ともう1チームがリーチです。
 13問目は埼玉に関係あるが普通の文学問題のようなので、1チーム勝ち抜けて、リーチは一気に5チームになります。14問目は埼玉で開かれている高校生の大会で、3チームが10ポイントになります。この中で2チームだけが次に進めます。

 15問目、道の名前ですが、「問題」と言ったときに正解の音を流してしまいます。この後、中学女子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その15)

 東大王は、この前の放送が毎日放送では最終回マークがついていました。ただツイッターを見ていると、10月にも穴埋めで放送される予定があるようです。前番組の「生き物にサンキュー!!」は、ときどき思い出したように日曜の午後などに放送されていました。

 それでは埼玉クイズ王です。6問目は埼玉の城について。7問目はキャッチフレーズから自治体を答える問題です。8問目は埼玉にある鉄道会社について。9問目は埼玉出身の芸能人についての簡単な問題です。

 10問目は草加市でだけ作られているものについて。これで中学生が勝ち抜けます。もともと2ポイント持っていますからね。この後、別の音。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その14)

 地下鉄銀座線の上野駅の構内にあるエレベーターで、腰の曲がったおばあさんと、その(義理の)娘と思われる高齢の女性と乗り合わせました。上へ向かうのですが、おばあさんが「ホーム」というボタンを何回も押しています。しかし動きません。それで私が「改札階」というボタンを押します。すると娘が「ホームじゃないよ。バカなことやってるんじゃないよってチコちゃんに怒られるね」。チコちゃんがこんなところにまで浸透しているのか! 本当に流行語大賞を狙える勢いなんじゃないか。

 それでは埼玉クイズ王です。次は三択ですが、ルールや問題を読むのが、クイズ王ではなくいつも踊っているタレントです。福澤末期の高校生クイズのシステムになっています。

 1問目はスポンサーの不動産会社の問題です。2問目は都市対抗野球。クイズで出るのは珍しい。3問目は埼玉の気象現象について。4問目は放送局の施設です。5問目、埼玉の駅名に使われていない漢字を選ぶもので、これは気づきませんでした。この後、有利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その13)

 去年まで高校生クイズにスタジオ部分があったのは、外国に行くと視聴率を取るためのタレントを出せなくなるからだったんですね。
 
 それでは埼玉クイズ王です。◯×の1問目は埼玉県民の日について。そんなにいい問題とは思いません。過去の優勝チームがこれで敗退します。
 2問目は埼玉西武ライオンズの記録について。これはおもしろい。正解が少なくて、一気に9チームが決まります。

 3問目、物の種類を業界団体で調べて、埼玉とついたものがあるという問題です。×にするために手間をかけています。正解が14チームで、これで終了です。この後、代理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その12)

 先日の北海道の停電で思ったのは、「1週間ずれていたら道民は高校生クイズが録画できないところだった」ということでした。

 それでは早くしないと使えなくなる埼玉クイズ王です。前回、午前の部が終わったところまで書きました。まったく間をおかず、すぐに午後の部が始まります。

 午後にも、6回とも出ている人がいます。埼玉県の部長のあいさつもまたあります。スーパーアリーナは年間300万人来て横浜アリーナの倍だと言います。クイズ王は、「ネタが尽きることはない。今回はさいたま市周辺を意識した問題にした」と言います。午前より参加者は多いようの見えます。この後、一気。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

人生賭ける感想

 今週の「伊集院光の深夜の馬鹿力」で、高校生クイズについての話をしているという情報が入りました。聞いてみたら、鳥人間コンテストやSASUKEはもはやテレビの一番組ではなく、それが人生になっている人がいるので、やめていいかどうかもわからない。それで驚いたのが、高校生クイズで、去年はラ・サールで出たが勝てなかったので優勝校に転校した人がいる(この辺の表現には間違いがある?)。確か兄弟の一方は去年の段階ですでに転校していた。Qさま‼︎の高校生大会に出てたと思う。高校野球の越境入学どころではない。高校野球でも途中で転校する人は聞いたことがない。しかも新しく入った学校は偏差値はそれほどでもない。しかも高校生クイズには世の中のクイズのはやりが反映されていて、今年からチームワークのゲーム性が重視されているのによくそんなことができる、という内容です。私もこの転校は理解できなくて、ずっと実績があるところに移るというならともかく、昨年たまたま初めて優勝した学校になぜ行こうと思うのか。結果として、方針が変わった番組でまたたまたま優勝するという。

 ただ、方針が変わったといっても、答えるのにいかに知識のバックグラウンドがあるかという問題が出ているわけで、本質的にはこれまでと同じだと思います。それにしても、知識そのもののクイズとこういう企画を同じ回でバランスよく配置できないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

本編みたいな事前番組(その10)

 草刈機などを作っているオーレックが、九州の農業高校を対象にした九州農高川柳コンテストというのをやっていますが、その受賞作の中に「農業のクイズ番組みなとける」というのがあります。そんなにクイズで農業のことをやってましたっけ。それにしても、今年の高校生クイズは、そういう農業高校生に出てもらいたかったのに。「進学校を撃破」と持ち上げられるところでした。

 それでは事前番組です。映像が準決勝に戻ります。このクイズも、道具の部分は?で隠してあります。そして本放送の最中にdボタンでプレゼントが当たる抽選会があることが表示されます。

 決勝のルールまで放送されます。全国放送をほとんど見せているではないか。今回の事前番組はクイズをきっちり放送し続けて、そのまま本編として使えるような内容でした。これを関東ローカルというのは非常にもったいない。これの一部を全国放送に入れられないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

本編みたいな事前番組(その9)

 先週「ガッテン!」の再放送を見ていたら、急に「カリギュラマシーン」がかかりました。そしたら山寺宏一の似顔絵が変形して「ボーッと生きてんじゃねえよ!」。NHKが自局でパロディーをやる対象になったか。そういえば先日の「ビーバップ!ハイヒール」では、何の必然性もないのに全編がチコちゃんのパロディーになっているVTRを作っていました。今週の週刊文春にもチコちゃんの特集がされているし、流行語大賞のノミネートとかいくんじゃないか。

 それでは事前番組です。次はアルティメットタイヤレース。千鳥と小島よしおが挑戦します。ここで「すごい発想の2チーム」というナレーションで、タイヤの部分を?で隠して見せます。「さらに準決勝では」でCMになります。

 次はバーストザバルーン。ルール説明がありますが、今度はここで決勝の予告がはさまります。決勝進出チームの顔がはっきり映っています。この後、プレゼント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

本編みたいな事前番組(その8)

 全国大会最初の、いろいろなものが通り抜けられるかという問題は、「摩訶!ジョーシキの穴」かと思いました。そういえば落とし穴のクイズがあったのもそれっぽい。

 それでは事前番組です。コンプリートパネルです。学校名にはボカシを入れてあります。このクイズって、「頭脳王」の2回戦あたりでやってもおかしくなくて、そういう意味では32回までにこだわる層のことも考えています。
 まずは乃木坂が挑戦しますがギブアップです。そして「驚異の地頭力、そのとんでもない記録とは」で、25秒のチームが放送されます。滝沢カレンが「走るような方だと思ってなかったので」。相変わらず絶妙のずれ方です。この後、全部。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

本編みたいな事前番組(その7)

 今年の全国大会は東京ビッグサイトだというので、決勝がビッグサイトかと思って連日通ったのですが、やっていませんでした。1回戦とその翌日だったとは判断ミスでした。あと、それ以外でも屋外で見るチャンスがありましたね。

 それでは事前番組です。正解発表に続いて、東京都の代表が発表されます。次は「近畿では大番狂わせで明石高専」。そしてなぜか宮城県の代表を紹介。女子だからか。そして別室でやっている昨年優勝校です。
 11校が初出場だと言います。これまでの、有名進学校を強調するのとは逆の態度です。実際は、そういう進学校が全国大会に出るようになったのは比較的後の方の回なんですけどね。

 まだ20分も残っているのに、「全国大会の模様を一足先に大公開‘」。どれだけ放送するんだ。この後、走るような方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

本編みたいな事前番組(その6)

 日本テレビでは月曜日から4日連続で深夜に高校生クイズ宣伝の5分番組をやっていました。初日に録画に失敗して見逃したのですが、どうせ毎日同じ内容ではないかと思ったら、紹介する問題を変えていました(事前番組ではやっていない問題もあった)。それにしても、全国大会1回戦の会場で、あんなのを4本録りしてたんですね。

 それでは事前番組です。各県の上位3チームが代表決定戦に進むことが発表されます。ここで、今年は商業高校や農業高校や高専が残っていることが特徴だと言います。最近の回と明らかに演出が違います。と思ったら、灘やラ・サールや昨年優勝校も残っていると言いました。
 関東では4県が舞台に上がっていることがわかりました。残りは別の場所でしょうか。中部は会議室のようなところでやっているのが映っています。問題が出て解いている間に乃木坂の歌う映像が流れます。

 関東では乃木坂が実際のコピー機を使って実演していたことがわかりました。この後、一足先。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

本編みたいな事前番組(その5)

 高校生クイズの予選の問題についてこういうことを書きましたが、 

――――(ここから)――――

 10問目、大量のミニトマトを一気に切る方法です。テレビでやる生活の知恵ネタの中でも、どこで使うんだというのの代表です。

――――(ここまで)――――

 1年半以上前の「ガッテン!」の録画を見たら、なんちゃってドライトマトの作り方というのをやっていて、大量のミニトマトを半分に切ってオーブンに入れていました。使い道があるのか。

 それでは事前番組です。3問目は一転して、ひらめきとかは必要なくて、地道に算数をやっていれば解ける問題です。ここで各会場と中継をつなぎます。まずは平野ノラの高校時代の写真を出します。次にひょっこりはん、そしてブルゾンちえみです。以前だと地区大会の前の事前番組でやっていたようなことです。

 次は正方形が何種類作れるかという問題。続いて数列の規則の問題でCMをまたぎます。ここは応援タレントが答えを当てたことでそういう編集がしやすくなりました。最後にマッチ棒問題が出ます。


 次が地頭力30問クイズ。現場では問題がまったくわかりませんでしたが、三択だったことが明らかになりました。この後、推しが違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

本編みたいな事前番組(その4)

 去年こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 昨日たまたまEテレをつけていたら、「ごちそんぐDJ」で、料理の音を聞いて何か当てるというのをやっていて、クイズ王が出ていました。昔そんな企画があったと聞いたことがありますが、再放送でしょうか。

――――(ここまで)――――

 これが来週月曜日に再放送されるようです。

 それでは事前番組です。あめ食いも放送されます。続いて自由記述のクイズで、最初の県名の問題でCMをまたぎます。

 高クイの乃木坂インタビューCMは、白石以外にもいくつもパターンがあることがわかりました。
 2問目も1問目と実質同じパターンの問題です。なんで同じものを2問続けるのか。この後、昔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

本編みたいな事前番組(その3)

 「グッと!スポーツ」の再放送を見ていたら、スポールブールというマイナーなスポーツの日本代表が出ていました。金沢での日本選手権に夜行バスで来ます。妻には仕事と偽っているそうです。そして会場へ行きます。ナレーションが、以前は参加者が5人だったが、今回は22人にまで増えたと言います。その会場が、金城大学のグラウンドなのです。高校生クイズが初めて石川大会をやったときの、なんでこんなところでと思う場所ではないか。高クイの参加者もそのくらい少なかったのを思い出しました。

 それでは事前番組です。書くのを忘れていましたが、ナレーターは三村ロンドです。三村がクイズ番組のナレーションって、「ザ・クイズマンショー」以来か? 誰がナレーションをやるかで番組の方向性がだいたい見えます。

 CMが、白石麻衣に人生についてインタビューして、それが高校生クイズのCMというものです。こんなのまで作ったのか。
 CMが明けて、実験クイズは1問で終わりでした。次は3択です。大根おろしの問題、ミニトマトの問題、ダイエットの食べ物の問題、こげの落とし方の問題、爪を磨く問題、砂糖をサラサラにする問題が出ます。砂糖のところでCMまたぎです。

 次は生チャレンジクイズ。カミナリまなぶが残り0秒でピンポン球を放出するところをスローでやります。この後、他にも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

本編みたいな事前番組(その2)

 土曜の深夜にまた過去の「チコちゃんに叱られる!」が再放送されていましたが、この回は、NHKオンデマンドでは、水泳に関する問題が丸ごとカットされた「短縮版」として配信されていました。オリンピックに関わるものが出ると配信できないということですね。ちなみに解答者に国分太一がいた回は番組そのものが配信されませんでした。そういえば、2週間前の「生!池上彰×山里亮太」がなぜか今回に限ってTVerで配信されないので録画を見たら、山里の代理でジャニーズWESTのメンバーが出ていました。

 それでは事前番組です。続いて実験の問題や正しい信号を答える問題、教師と警察官の人数の問題が放送されます。千葉雄大が出現する折り紙の問題もあります。落とし物の金額の問題で、ブルゾンちえみの後ろで踊る乃木坂のメンバーの顔が隠された状態でCMです。

 本編の予告では、全国大会の問題をかなり放送していますね。決勝が何であるかもわかるし、決勝に出るチームもちゃんと見ればわかります。
 CMが明けて、ここでようやく乃木坂46が今年もサポーターであるということが紹介されます。近畿のひょっこりはんとのコラボを放送します。

 次は生実験クイズで、お盆の問題で、アキラ100%のお盆を使うのを断ったところでまたCMです。この後、インタビュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

本編みたいな事前番組(その1)

 東大寺学園の文化祭に行ってきました。クイズ研の冊子によると、高クイ地区大会の決勝は、すぐにわかったが別解がないか検討しているうちに抜かれたそうです。あと、エコノミクス甲子園のポスターが校内に張ってあるのを確認しました。

 さて、高校生クイズの地区大会の番組が放送されました。風船が300個浮かんでいる映像から始まって、これを早く割るにはどうすればいいか。そそてタイヤを22個運ぶにはどうするか。そして今年のテーマが地頭力だと発表されます。

 関東でのライオンの人の開会宣言があって、全国の参加者数が9069人と発表されます。桝アナの登場で各地の会場のタレントが映ります。

 まずは2択クイズで、スマホを使って解答するという視聴者向けの説明が流れます。ビーカーの実験の問題があって、正しい100円玉の問題です。ここで北海道大会の会場とのやりとりが長く流れますが、今、これはいいのかと思ってしまいます。この後、顔隠す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

クイズ芸人育成計画3(その19)

 ツイッターを見ていたら、毎日放送に直接問い合わせて、10月から東大王の放送がないことを確認した人がいるそうです。

 それではクイズ芸人です。高卒が140点で断トツです。2位は、予選を3番目に抜けた人(先に2×になってから5問連取した人)で80点。前回優勝者は60点です。

 決勝は「1VS1ファイナルタイムショック」。1人ずつ、1分間で12問答えます。同点のときはここまでの上位が優勝です。

 テストとして、断トツ最下位(10点)だった人が答えます。6問正解です。事前に録音された問題が流れますが、やはりここはプロのアナウンサーなどでないと聞きづらいところがあります。

 「酒と泪と男と女‘」の次の問題が(吉本芸人の)「女と男」です。高卒は8問正解でした。一方の3位は7問。簡単な問題の取りこぼしがありました(英国放送協会をBCCとか、「B線上のアリア」とか)。

 次回は8月12日と発表されます。本当に毎月あります。解答者の中で告知がある人というので、8月12日のライブを言う人がいます。次回出られないということです。

 この後、ロビーで早押しボタンの体験会があって、平成の余った問題が出題されました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

クイズ芸人育成計画3(その18)

 「99人の壁」はローカル枠ではありませんでしたが、「東大王」の放送日時変更が発表されましたね。こっちは本当にローカル枠ではないか。何か変更がない限り、10月からは毎日放送などでは放送されないことになります。

 それではクイズ芸人です。次は平成18年。高卒が「斎藤佑樹」と答えて不正解。前回最下位だった人がハンカチ王子と答えて正解です。平成11年。また高卒がiモードを正解します。平成20年。私がまったく聞いたことのない芸能問題で、第1回優勝が不正解で高卒が正解。平成元年は、そのときの大阪市についてで、2人間違えて3人目が正解です。

 平成16年。「任天堂は」で高卒が押してPSPを正解。あまりのクイズの入れ込みぶりに司会から「最近ネタとか書いてます?」と言われます。平成5年、Jリーグの問題で予選1位が正解。次に平成26年の問題を出そうとしたところで外から大音量で「LOVEマシーン」が聞こえてきます。この建物は仮設なので、こういうことがよくあります。問題は吉澤ひとみとかではなく、2人間違えて高卒が「笑っていいとも!」を正解します。

 平成29年を出すところで鐘がなります。これが最終問題。予選2位が不正解で1位が9秒98を正解です。この後、体験会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

クイズ芸人育成計画3(その17)

 13回高校生クイズでラ・サールが優勝したとき、地元が被災してというようなことを言っています。この年は「非常に強い」台風が九州に上陸して、九州大会がもう少し遅ければ開催できないところでした。それで鹿児島はかなりの被害を受けたのですが、今回の台風はそれ以来25年ぶりの、「非常に強い」での上陸ということですね。

 それではクイズ芸人です。次は平成2年。当時の流行語で、「アッシー」で不正解、「メッシー」で不正解。となるともう一つしかありませんが、次に押した人は「ヨッシー」。どうやら解答者が誰も知らないようです。エンドレスチャンスで次々と押して間違えます。最後に高卒が「プッシー」。

 次は平成30年ですが、実は今年の問題ではなく昔の文学作品での平成30年の話でした。高卒が正解します。平成10年で自民党総裁選の問題で前回優勝が正解。平成9年で当時の小説で高卒が正解。平成22年で人工衛星で高卒が正解。平成8年で当時の病気で前回優勝が正解です。

 平成28年で「保育園落ちた日本死ね」を高卒が正解します。この人の子どもが5月から保育園に入ったそうです。この後、ネタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

クイズ芸人育成計画3(その16)

 今週末に高校生クイズの事前番組がありますが、放送枠が90分です。地区大会に90分使って全国大会が150分なら放送時間として十分でしょう。なぜ予選番組を関東ローカルでしかできない。これを休日の昼に全国ネットとかは十分できると思うのですが。

 それではクイズ芸人です。8問目、空欄に入る言葉を答える問題ですが、一転して非常に簡単です。1人だけ不正解。9問目はバンコクの正式名称を出してどこの都市か答える問題です。3人正解です。10問目は元素の名前を並べて、元素記号をつなげると、ある芸人のギャグになるというものです。3人正解です。
 ここまででトップは70点。予選で3位だった人です。予選の4位が60点、予選の2位が50点。最下位は10点です。

 早押し機が運び込まれます。次のクイズで上位2人がファイナルステージに進みます。今回はこれで終わりではないのか。 「平成30年振り返り早押しクイズ」。平成元年から30年までのパネルがあります。その年に関する問題が出て、正解は10ポイントです。
 1問目は平成15年で、この年にできた駅について。高卒の人が正解します。次は平成3年を選びます。この年に引退した力士で、高卒が連取します。この後、言えない単語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

クイズ芸人育成計画3(その15)

 「99人の壁」が、「さまぁ〜ずの神ギ問」の後番組であることが発表されましたね。神ギ問も、ゴールデンになったら露骨にネタが万人受けを狙ったものになってパワーが落ちました。それにしても、視聴者がテレビから得たいものはそこまで、東京近辺の料理店の情報ばかりなのか? 私には理解できません。例えば「探検バクモン」も、深夜のときはハンセン病施設とか西成区のドヤ街とかに行っていたのに、ゴールデンになったら1回目が横浜中華街で、以後も民放がバラエティで取り上げるようなところばかりで、NHKでさえこうなるのかと思いました。

 それではクイズ芸人です。6問目、散髪屋に立っているものの名前です。「育成」なので、こういう定番がたびたび出題されます。正解は2人です。

 7問目、丸善京都本店の店内の写真です。隠された場所に飾られているものはという問題です。これはまったくわかりません。
 第1回優勝者だけが正解します。梶井基次郎の作品にこの店が出てくることからわかったそうです。これは本格クイズ王番組にも出せる教養ですが、これが東京の店だったらクイズ番組で何度もネタにされてるんでしょうね。この後、まだある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

クイズ芸人育成計画3(その14)

 この夏、近鉄では、観光列車「つどい」を使って、名古屋~湯の山温泉の車内でリアル謎解きゲームをやっていました。最終日の昨日に参加してきました。こういうのを初めてやりましたが、最初からヒントの紙が渡されていて、それにはほとんど答えにつながるようなことが書いてあります。見るかどうかは自由ですが、幅広い参加者に対応するには、このくらいのことが必要なんでしょうね。この企画の限界を感じます。それでも特別車両に乗ること自体が目的で最初から一切謎解きをやっていない人もいました。

 それではクイズ芸人です。予選で勝ち残った芸人も出てきます。1抜けの人は阪大です。3位の人は前回も本戦に出ています。4位の人は第1回は準優勝でしたが前回は敗者復活の4択のときに酸欠になりました。

 最初のクイズは「超雑学ボードクイズ」。1問につき10ポイントです。1問目はハワイの写真を見て山の名前を答えるというものです。予選組はキラウエア山、本戦からの人はダイヤモンドヘッドと答えが分かれます。予選1位の人だけよくわからないことを書いています。
 2問目は昔の農業に使われた道具で、5人正解です。3問目は料理の名前で3人正解。4問目の正解は維管束です。学校を出て初めてその単語を聞きました。4人正解ですが、「いそくかん」と「葉管束」が1人ずついます。
 5問目は写真を見て金沢駅を答える問題です。簡単だと思ったのですが正解が1人しかいません。その人は「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を毎回見ていて、それに出てきたのでわかったそうです。この後、丸善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

クイズ芸人育成計画3(その13)

 「にっぽん縦断こころ旅」は、放送していない期間は過去の回を45分に伸ばしたディレクターズカット版をやりますが、この前は、シリーズ開始前のパイロット版の回をやっていました。つまりNHKは7年前のパイロット版のマスターテープも残しているということですね。高校生クイズは地方局が過去の大会のテープをどんどん消しているという話を聞いたことがあります。

 それではクイズ芸人出す。クイズ王は昼は神戸オープンという大会に出ていたそうです。司会が客に「皆さんも予選を勝ち上がったぐらいの人数ですけど」。

 高学歴芸人4人が登場します。「オープニング長いですね」。司会が「あんまり言いたくないけど、頑張らないかんやん」。
 第2回では第1回優勝者のあおりVTRがありましたが、今回はそういうのはありません。
 高学歴芸人といいながら、できが悪くてネタ的に使われている人(唯一、私がこの大会以前から見たことがある芸人でもある)、その人が最終問題だけ答えたために前回本戦で最下位になった人、SSHである徳島城南の出身で前回は予選1位で準優勝だった人などです。この後、ローカル路線バス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

クイズ芸人育成計画3(その12)

 昨日の「ドレミファドン!」は関西テレビでは2時間の短縮版でしたが、番組を確認すると、最初の1時間を切って飛び乗ったわけではなく、ちゃんと全体を編集して短くしています。これは日本テレビなどと違ってフジテレビが短縮版を作るときの特徴で、最終得点が違うのに「ここで逆転しました」といったところを矛盾がないように編集しています。この技術は見事だと思います。

 それではクイズ芸人です。43問目、クイズ以外であまり聞かない慣用句で、やなせたかしの人が押して、今度こそ初の本戦進出なるかと思われましたが不正解。44問目は3ポイントの人が不正解です。しかし続く45問目で古い芸能問題を正解してリーチになります。

 46問目、ここまできたら二択になって、過呼吸の人が最後に勝ち抜けました。
 前回はありませんでしたが、今回はその場で本戦のチケットを買えば前売料金で入れるそうです。私が買ったチケットの整理番号は33番で、意外に大きい数字です。外に出ると異常に暑い。

 夜の客は昼よりは少ないが前回よりは多いくらいです。視界が「全部来ているという人はいますか」と言うと、客席に「新開地」というTシャツを着たクイズ王がいます。この後、SSH。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »