« クイズ芸人育成計画(その3) | トップページ | クイズ芸人育成計画(その5) »

2018年5月22日 (火)

クイズ芸人育成計画(その4)

 マクラのネタがなくなったので前から思っていることを書きますが、不正解の音が「ピンポン」である「連想ゲーム」は画期的ですね。

 それではクイズ芸人です。これからはクイズで売り出す芸人を決めるためにガチのクイズをやるので、変なボケをやるなということを強く言い渡します。
 1回戦は三択です。間違えると失格で、10人が残ります。最初は当然、ものすごく簡単にしますが、あまり自信がなさそうで司会が不安になります。そこから難易度を上げていくのが非常によくできています。見事に難易度の低い順に並んでいます。問題を作る側に、プロ的な人が入ってるっぽい。私は最後の方でわからない問題がありました。
 最初の方の、三権分立は何か答える問題で、最初の不正解者が出ます。正解を表示するCGが、全部出る前に答えがわかってしまうので、改善した方がいいと思いました。この後、ニューヨーク。

|

« クイズ芸人育成計画(その3) | トップページ | クイズ芸人育成計画(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66747257

この記事へのトラックバック一覧です: クイズ芸人育成計画(その4):

« クイズ芸人育成計画(その3) | トップページ | クイズ芸人育成計画(その5) »