« 追悼もあるイベント(その5) | トップページ | 追悼もあるイベント(その7) »

2018年5月 1日 (火)

追悼もあるイベント(その6)

 フジテレビは火曜日の19時台をローカル枠にしながら、2年間にわたって火曜日は2時間スペシャルしか放送しなかったため、関西テレビは先週から20時台にも独自番組を始めて、ナゾトレ&潜在能力を完全に排除する姿勢を打ち出しました。

 それではクイズ関係者のトークです。正誤判定の話の続きで、「YouVS7」の決勝で、解答者の言っていることがよく聞こえなくて、結構勘で判定していたらしい。単なる見物に行っている私だけでなく、番組を作っているスタッフでもそういうことがあるのか。ワールドクイズクラシックの最初のクイズも、かなり雰囲気で判定している部分があるということです。

 そして高校生クイズを番組開始当初からやっていたスタッフが亡くなった話です。何か、誰か亡くなったといううわさだけが流れていて、誰なのかわかりませんでした。5年ぐらい前から胃がんになっていて、去年の高校生クイズのロケが終わってからすぐ入院して死去したそうです。この後、卒業生一同。

|

« 追悼もあるイベント(その5) | トップページ | 追悼もあるイベント(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼もあるイベント(その6):

« 追悼もあるイベント(その5) | トップページ | 追悼もあるイベント(その7) »