« プレスで書く超会議(その10) | トップページ | プレスで書く超会議(その12) »

2018年5月17日 (木)

プレスで書く超会議(その11)

 昨日の「あさイチ」は書店についてでした。書棚の本にすべてカバーがかかっていて、表紙に内容のヒントだけ書いてあるという書店があります。ここで博多大吉が「知らない本、出合うことがないような本にも果敢にアタックしていった方がいいんですかね」。谷原章介と博多華丸が並んであのポーズをします。ちなみにこの日は児玉清の命日だったそうです。

 それでは超会議です。ここで大会の告知があります。高校生と一般のクイズ大会を新たに始めるそうです。前者は同じ学校でチームを組んで、予選は全国7カ所で同時開催。決勝大会の費用は主催者負担だそうです。なお、決勝大会には同じ学校からは1チームしか出られません。後者はトップリーグ30人、ミドルリーグ70人で、レギュラーシーズンが3戦あって、グランプリファイナルをやるそうです。これを聞くだけではうまくいくのかどうかよくわかりません。

 最後のまとめに入ります。クイズ作家の人が「ものすごく価値のあるキラキラした情熱で、今から長くクイズをやってほしい」。この後、しゃべり。

|

« プレスで書く超会議(その10) | トップページ | プレスで書く超会議(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66728571

この記事へのトラックバック一覧です: プレスで書く超会議(その11):

« プレスで書く超会議(その10) | トップページ | プレスで書く超会議(その12) »