« 再びビジネスセミナー(その9) | トップページ | 再びビジネスセミナー(その11) »

2018年4月14日 (土)

再びビジネスセミナー(その10)

 「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?」の録画を改めてちゃんと見たのですが、「フランス語でお気に入り」で押してシュシュを正解します。すると対戦相手のやくみつるがそもそもシュシュを知らずに、何のことなのか出演者に聞いています。そこで菊池風磨が「フランス語でお気に入りといえばシュシュなんですよ」。これ、クイズ界の本質を突いていて、問題で説明されていることを知らなくても、ベタ問の質問と解答を暗記していれば済んでしまうということです。昔、イントロクイズの有名人の取材をする番組で、曲の最初の部分以外は一切知らないというのをやっていました。

 それではビジネスセミナーです。クイズ大会が終わって第3部。ここは何の準備もしていないそうです。客として来ていたクイズ王を司会にトークをします。会場からの質問に答える形でやります。質問者が、7回ウルトラで福留のアップがやたら多いのは、6回の食中毒事件で映せなかったことの反動ではないかと言って、それを踏まえて、これはないだろうと思った編集はあるかと聞きます。
 それについて、バラマキではさっさと抜けてしまうと映らないので、すべてクイズが終わって決着がついてから、問題を取りに走っているシーンを別に撮ったといいます。放送をよく見ると、やる気なく走っているのがわかるそうです。司会のクイズ王も、アタック25でも答えがはっきり録音できていなかったので答える場面を後で撮り直すことがあると言います。そんなの、高校生クイズでもしょっちゅうありますが。この後、通勤電車。

|

« 再びビジネスセミナー(その9) | トップページ | 再びビジネスセミナー(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66608827

この記事へのトラックバック一覧です: 再びビジネスセミナー(その10):

« 再びビジネスセミナー(その9) | トップページ | 再びビジネスセミナー(その11) »