« 12回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 12回エコ甲全国大会(その23) »

2018年3月15日 (木)

12回エコ甲全国大会(その22)

 三省堂国語辞典の阪神タイガース仕様が出て、早速中を見てみたのですが、本文のどこがタイガースにちなんでいるのかわかりませんでした。「虎」の項目を見ても、生物のトラと十二支について書いてあるだけで「我が阪神球団」などとなっているわけではありません。しかし本日、神保町の三省堂書店に行ったら、本文が変わっているところに付せんがついていました。例えば「おろし」の例文が六甲おろしになっています。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。東大寺学園はさっきのラウンドはトップの位置だったのに今度は最下位です。1問目、経済学についての簡単な理論で、全チーム正解。2問目は銀行の業務ですが、球陽は英語で書いています。新潟明訓だけ不正解です。

 3問目、アメリカの双子の赤字を両方答えるというものです。意外に別解が審議になります。客席のスタッフは、同じ意味のことを2つ書いているから不正解とか指示を出しているのですが、男の司会が理解できていません。守山は不正解なのに正解したことにしてしまいます。これでまた、去年の埼玉クイズ王のときのように、守山が早く負けることを願わないといけなくなるじゃないか。他に不正解は球陽、松江商、青森です。この後、今度は厳しい。

|

« 12回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 12回エコ甲全国大会(その23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66497980

この記事へのトラックバック一覧です: 12回エコ甲全国大会(その22):

« 12回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 12回エコ甲全国大会(その23) »