« 12回エコ甲全国大会(その34) | トップページ | 12回エコ甲全国大会(その36) »

2018年3月28日 (水)

12回エコ甲全国大会(その35)

 「さんまの東大方程式」の予告で「頭脳王の母」という人が出ていました。頭脳王ってM-1みたいに他局でも普通に使えるような言葉になってるのか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。9問目、投資に関する用語(ということは出題時にはわかっていないわけだが)。安田女子と長崎西が3ポイント賭けます。他は1ポイントです。3ポイントの2チームが同じ答えを選びます。自信があるということでしょう。正解です。そして残りのラ・サールと土浦第一は互いに相手の作った選択肢を選んでいました。

 10問目、職業に関する用語です。ラ・サールが2ポイント、安田女子が3ポイント、長崎西が1ポイント、土浦第一が3ポイント賭けます。ラ・サールと長崎西、安田女子と土浦第一が同じ答えです。最も単純な選択肢で、安田女子と土浦第一が正解。やはり答えがわかっていると3ポイントになります。あとの2チームは土浦第一の選択肢でした。この時点でラ・サール14ポイント、安田女子17ポイント、長崎西13ポイント、土浦第一14ポイントです。この後、一気。

|

« 12回エコ甲全国大会(その34) | トップページ | 12回エコ甲全国大会(その36) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66546506

この記事へのトラックバック一覧です: 12回エコ甲全国大会(その35):

« 12回エコ甲全国大会(その34) | トップページ | 12回エコ甲全国大会(その36) »