« 12回エコ甲茨城大会(その23) | トップページ | 違う場所でようやく見る »

2018年1月 7日 (日)

12回エコ甲茨城大会(その24)

 昔、こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 「おかあさんといっしょ」10・11月号の付録が、「ぴこぴこ○×パネル」というものです。ボタンを押すと音が鳴って○か×のパネルが立ち上がるのです。本誌の中には○×クイズが載っていて、これは出題された側が解答するために押すものだとわかります。そういえば、「ベビーブック」の昨年2月号に、「アンパンマン&ばいきんまん○×ピンポンブーボタン」という付録がありました。こっちは正誤判定に使うものです。とにかく子どもは○×ボタンが好きだということですね。我々もか。

――――(ここまで)――――

 ベビーブックの2月号に、4年ぶりに〇×ピンポンブーが付録でついています。幼児向けには定期的に〇×があるのか。願わくば、〇を青で×を赤にしてほしかった。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。常務取締役のあいさつは続きます。当行も文化で地域振興していて、この茨城大会も6年目だと言います。毎回30チーム以上出ているそうです。今回から出た学校もあります。最後にテーブルをすべて動かして記念撮影です。

 この次の週は最後の北海道大会がありましたが、さすがにこの前北海道に行ったばかりなので行きませんでした。今年度は地区大会に3カ所しか行けませんでした。それにしても、今回は和歌山大会も実現してついに全国制覇かと思ったら、大分と熊本のスポンサーが見つかりませんでした。

|

« 12回エコ甲茨城大会(その23) | トップページ | 違う場所でようやく見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66249591

この記事へのトラックバック一覧です: 12回エコ甲茨城大会(その24):

« 12回エコ甲茨城大会(その23) | トップページ | 違う場所でようやく見る »