« 12回エコ甲茨城大会(その5) | トップページ | 12回エコ甲茨城大会(その7) »

2017年12月19日 (火)

12回エコ甲茨城大会(その6)

 週刊文春の現在の号の「てれびのスキマ」の連載に、アメリカ横断ウルトラクイズのことが書いてありますね。ただしそれが本筋ではないので、それについてわざわざ読むほどの情報ではありません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。早押しのA組は竹園、土浦第一、並木中等教育、江戸川学園取手の女子です。1チームずつインタビューしますが、答えるときに早押しボタンを押さなければなりません。
 竹園は昨年も出たそうです。土浦第一は昨年は2人が別のチームで出ていたそうです。「自信はありますか」と聞かれてボタンを押して「ありません」。並木は「優勝に向けての意気込みを」でボタンを押して「勘弁してください」。

 1問目、過去の予選でも聞く問題で、問題文の説明だけで答えの単語を言っているような問題です。並木が正解します。2問目の正解はマルチ商法ですが、並木が「マルチまがい商法」と答えて、「もう一度」でまた同じことを言います。しかし正解になります。後で調べたら、マルチ商法とマルチまがい商法は現在では同じものなんですね。この後、排除。

|

« 12回エコ甲茨城大会(その5) | トップページ | 12回エコ甲茨城大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66175018

この記事へのトラックバック一覧です: 12回エコ甲茨城大会(その6):

« 12回エコ甲茨城大会(その5) | トップページ | 12回エコ甲茨城大会(その7) »