« 12回エコ甲茨城大会(その17) | トップページ | ラジオでクイズ王番組 »

2017年12月31日 (日)

12回エコ甲茨城大会(その18)

 昨日、日本テレビ系で「衝撃のアノ人に会ってみた!」が全国ネットで再放送されていました。この番組で高校生クイズのことが取り上げられたと聞いていたのですが、長野高校のイケメンの方にだけ抱きつく場面をあんなにしっかり検証していたのか。まっすぐ駆け抜けるつもりだったのがイケメンの腕にぶつかってああなったと言っていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。3位は並木のクイズ研、4位は土浦第一、5位は常総学院です。2位から5位まで4点しか差がありません。そして6位はさらに1点低いだけですが、同点が2チームいて、筆記の近似値問題で勝者が決まったそうです。あの近似値が勝敗を分けるというのを見たのは初めての気がします。勝ったのは並木で7位が竹園です。

 明秀の野球部は、センバツ出場がほぼ決まっているそうです。ここでもう一度ルール説明をやり直します。すると、運用のときの倍率が手元でわかるようになっていないのかと質問したチームがいます。そしたら今後一切、解答者に対してあの表は見せないそうです。前回の帯広では各チームに表を渡していたことを書きましたが、なんでそんなことになってるんだ。倍率を見せないことに何の意味もありません。単に筑波銀行が完全に準備を失敗したということです。この後、異議申し立て。

|

« 12回エコ甲茨城大会(その17) | トップページ | ラジオでクイズ王番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/66223296

この記事へのトラックバック一覧です: 12回エコ甲茨城大会(その18):

« 12回エコ甲茨城大会(その17) | トップページ | ラジオでクイズ王番組 »