« 2017年11月 | トップページ

2017年12月16日 (土)

12回エコ甲茨城大会(その3)

 東大で昼にシンポジウムに行って、初めて隣の「コミュニケーションセンター」に入りました。さまざまな東大関連商品を売っているのですが、薬学部の教授が福島県の乳業メーカーとつくった「研Q室のヨーグルト」というのは、クイズ番組でいくつも勝つと「名Q会」というのと同じ発想だろうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。近ツリの人が優勝者を京都に招待すると言ってから、「京都に行こうではありませんか! オー!」といきなり叫んでこぶしを上げます。しかし想定外の人にそんなことをされても誰もついていけません。

 文部科学省や茨城県教育委員会や茨城県金融広報委員会の後援を受けているといいます。そしてチーム紹介ですが、実に34チームもいます(欠席1チーム)。私が行った大会としては圧倒的な多さです。昔、岡山大会(当時は中国大会)に行ったときこのくらいいた気がします(岡山にはその後、「関係者の方ですか、関係者の方ですか」と入れなくなった)。竹園には「チーム名」というチーム名のチームがいます。この後、指示があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

12回エコ甲茨城大会(その2)

 マクドナルドに行ったら、トレーの上の紙の裏に「クロスワードパズル」がありました。いわゆるスケルトンで、考えるまでもない他愛のないものですが、マクドナルドのメニュー名だけで輪がちゃんとできている部分があって、こういうのを見るとテンションが上がります。

          マ
          ッ
          ク
          シャカチキ
          ェ  ー
ホットアップルパイ  ズ
      チ   ク  バ
      パ      ー
  ベーコンレタスバーガー
      ケ      ー
      ー
      キ

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。クロークを回り込んで大会議室に入ります。その瞬間に、星条旗柄のハットをかぶって「日本一の司会者」のたすきをした男性が前に向かいながら声を上げます。
 もう1人、女性の司会もいますが、この人が本職のアナウンサーみたいに発音・発声がいい。さらに隣には、筑波銀行のキャラクターである「うちのタマ知りませんか?」の着ぐるみがいて、ちょっと動くだけで笑いが起こります。

 筑波銀行の常務執行役員が開会宣言します。続いて近畿日本ツーリストの営業部長のあいさつです。この地区大会で優勝すると「グローバルコミュニケーションKYOTOinSpring」に招待されるそうです。独自にそんな賞品を出すのか。この後、ついていけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

12回エコ甲茨城大会(その1)

 「Qさま!!」で「ヒントでピント」をやっていましたが、象印ということをはっきり言っていました。いいのかと思ったのですが、そういえば月曜の21時台って象印がスポンサーじゃなかったっけ。この日はCMがなかったのは、以前「シルシルミシルさんデー」のスポンサーがライオンなのに、ライオンを取り上げた回だけは一切CMを流さず提供にも名前が出なかったのと同じか。

 さて、次のエコ甲の予選ですが、11月19日は入れる予選がまた北海道しかなかったので行きませんでした。26日は高知大会だけですが、昨年のことがあるので行きたくない。12月3日は長野がありますが、高専ロボコンに行きました。12月9日は岐阜大会で今年も司会があの美人か確認したかったのですが、仕事が入って行けませんでした。
 12月10日は予選の集中開催日です。ここは行かなければいけません。前後の日程の都合で、行ったことがなくて入れる予選で行けるのは茨城大会だけです。というか、茨城大会に入れることにこれまで気づいていませんでした(同様に佐賀大会に入れることも知らなかった)。

 会場はつくば駅近くにある筑波銀行の巨大なビルです。エコ甲の地区大会を主催する銀行で、本社が県庁所在地にないのはここだけではないでしょうか。1階がロビーのようになっていて、10階へ上がります。クロークみたいなところに1人だけ職員がいます。この後、日本一。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

12回エコ甲十勝大会(その18)

 書くのを忘れていましたが、先週火曜日の「たまむすび」で、ミス日本ファイナリストに東大生がいるという話で「TBSテレビで東大王の司会も務める山里さん」と振ります。すると山里亮太が「やってます毎週日曜日…毎週じゃないや」。あれって2時間スペシャルばかりやってても編成上は毎週という建前じゃないのか。火曜日のフジテレビみたいに明らかに2番組を1週おきにしか放送する気がない枠もありますが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。閉会式が始まるときに高校生は前の席に移動します。「帯広→札幌」のJRの乗車券のデザインのパネルが贈られます。

 パフォーマンス賞は帯広南商です。実行委員長の講評があります。運用をいつやるかが明暗を分けたと言います。帯広柏葉は最初の方で1回だけ運用をやって成功したことで4万円差で逃げ切りました。そして1問目の話をします。3チームが産業財産権と書いたが、産業財産権は知的財産権の一部で著作権は含まれないそうです。それをなんでそのときに言わない。

 福実行宇委員長が閉会宣言をして、記念写真を撮って15時半に終了です。もう少し早く終わればすぐに帰れたのですが、もう最終の飛行機までやることがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

12回エコ甲十勝大会(その17)

 たまたまテレビ東京の「要博士の異常な映画愛」を見ていたら、映画「ナイアガラ」のセリフを変えるというので「クイズ王決定戦」というのがありました。「次が最終対決になります。皆さん、上をご覧ください。あの滝つぼの中に問題の書かれた紙があります。それを取って持ってきてください。最初に正解できた人が優勝です」「俺は去年このステージで全身複雑骨折してリタイヤしたんだ。今年はやってやるぜー」「生命保険にまで入らされたし、私やめとくわ。誰が考えたのよ、こんなの」「確か総合演出はテリー伊藤よ」「恐ろしい男」。さすがに「ビンゴクイズの予定でしたが都合により3ポイント先取の早押し」とかではないんだな。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。4チームが正解で、最終結果は264万円、192万円、264万円、160万円、260万円、112万円で、1位が再逆転しました。1位と3位が同点ですが、優勝はここまでの順位が高い1位です。そして北海道大会進出は帯広三条と帯広柏葉ということになります。帯広三条は昨年も最終問題で逆転して2位に入って北海道大会に出たそうです。

 表彰式では、会場前方に長机を置いて偉い人を座らせます。それぞれの名札もあります。国の審議会とか役員面接みたいです。高校生は筆記のときの位置に戻ります。観客はほぼ全員帰ります。この後、著作権。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

12回エコ甲十勝大会(その16)

 約1年前にこういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 ミスタードーナツで思い出しましたが、楽天ポイントカードの、ミスタードーナツの自由の女神デザインがなくなりつつあります。すでに生産していないようで、どこの会社のものでもない白いカードに置き換えられています。探すなら今のうちです。

――――(ここまで)――――

 昨日、つくばに行ったら、つくば駅のところのビルにあるミスタードーナツで、まだ自由の女神デザインのものが大量に置いてありました。他では完全に消えているのに。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。9問目、「保険について」。全チーム預金です。これもエコ甲で繰り返し出る単語で、4、5位が正解。また1位と2位が同じ間違え方をしています。ここは投資なら正解で一気に逆転も可能でした。それでも5位が勝利圏内に入ります。資金は220万円、160万円、244万円、160万円、240万円、140万円。

 10問目、「資産運用について」。1、2、6位が運用です。4位は預金では絶対に勝ち目がないのになぜ運用にしない。
 正解はファイナンシャルプランナーです。4位が「ファイナルプランナー」。6位は「ファイナンスディレクター」。一方5位は「フィナンシャルプランナー」で正解になります。この後、名札。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

12回エコ甲十勝大会(その15)

 今日の昼に「あいつ今何してる?」の特別版があります。芸能人と関係なく、有名進学校の天才がその後どうしているかという内容のようです。もともと一般人を取り上げる番組なので、こういう手法に気づいたか。東大クイズブームと同じです。それにしても、西大和学園の人も出るのに、朝日放送では同時間帯に昔の回の再放送です。それを流すならなぜこっちを使わない。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。6問目の正解はダイレクトメールですが、1位と2位がともに「ダイレクトメッセージ」と書いて不正解です。これで5位が1位に追いつきます。そして6位は初正解です。6チームの資金は200万円、140万円、224万円、140万円、200万円、120万円です。

 7問目、「紙幣について」。全チーム預金です。肖像の問題ですが、4位だけ「卑弥呼」と書いて不正解。6位が4位に追いつきます。

 8問目は「年金について」。全チーム預金です。ここまで述べ48チームの選択に、「運用」が1回しかありません。ここでかなり難しい問題が出ます。全チーム不正解です。これは運用にしなくて正解でした。難易度に波があるようにしています。この後、勝ち目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

12回エコ甲十勝大会(その14)

 Eテレで「人間ってナンだ?超AI入門」を見ていたら、問題を解くAIが、練習では100点なのに本番になると急にできなくなるというのをやっていました。これは過学習というもので、問題と答えを1対1対応で覚えるとこういうことになるそうです。学習の際にノイズを入れて、問題の本質をつかめるようにしないといけないというのですが、この話で、過去のオープン大会の問題集をそのまま覚えるクイズマニアを想像してしまいました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。4問目、「消費者行動について」。また全チーム預金です。司会「この国の預金は強いです」。よく使う言葉なのにそういえばクイズで出題されるのを聞いたことがないというパターンです。エコ甲はこれもよくあります。1、3、5位が正解です。5位は知らないのに適当に書いたら当たったらしい。

 5問目「資金調達について」。全チーム預金です。司会「“運用”か、預金を選ぶことができます」。ここ2、3年で急に出てきた言葉で、また1、3、5位が正解。司会が「いつかチャレンジしなければいけないときが来ます」。

 6問目、「情報発信について」。みんな「預金」と書いたスケッチブックのページがそのままで、書き換えようとしません。この後、卑弥呼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

12回エコ甲十勝大会(その13)

 この時期になると思い出すのが、第1回高校生クイズのYES-NOクイズの「赤穂四十七士に『大石』という名字は3人いる」という問題です。これは、赤穂浪士に大石内蔵助と大石主税がいることは常識で、実はもう1人、誰も知らない大石という人物がいるという意味なのですが、そもそも高校生にその基本認識が通用すると思えないので、出題として不適切と思っていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。正解は知的財産権で、1、3位が正解。2、5、6位がそろって「産業財産権」と書いています。私は「知的所有権」だと思ったのですが(これも正解)これを書いたチームがいないのが不思議でした。

 2問目、「社会保険制度について」。3位だけ運用です。介護保険に関する問題で、4位と6位が不正解。3位がわずかにリードします。
 3問目は「消費者保護について」。全チーム預金です。正解はPL法ですが、3位は恰好をつけて綴りを書いています。2位は「製造物責任法」で正解。6位だけが「消費者保護法」で不正解です。司会が、「今は5チーム正解だったので、運用より預金の方が得でした」と言います。この後、でたらめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

12回エコ甲十勝大会(その12)

 昨日の深夜に「超問クイズ!真実か?ウソか?」の宣伝番組をやっていましたが、放送されたのは「50問正解できるか」と8択のブリザードのやつだけで、○×クイズはありません。しかし最後に本の宣伝があって、そこでは○×クイズが100問と言っていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。1位のチームは、緊張しないように昨日、ウルトラクイズの曲を聴いていたそうです。3位のチームは、自己採点より低かったと言います。「思ってたより問題が簡単だったのに取れてなかった」。

 ルール説明の画面で「小数」が「少数」になっています。先週は気づきませんでした。シンキングタイムの音楽も紹介します。具体例で的確にルール説明します。

 1問目、「無形財産の権利について」です。ジャンルの表現が先週より具体的になっています。全チーム預金。司会が「ここは日本ということで、日本人らしい」。この後、綴り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

12回エコ甲十勝大会(その11)

 東大の生協で売っている「頭脳パン」が、受験シーズンを前にパッケージが全面的に変わっていました(受験の語呂合わせとかになっているわけではない)。そして昔のレーズン入りのものが復活していました。それにしても頭脳パンをよそで売っているのを全然見かけないのですが、東大に来る人にはそんなに需要があるのか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝では両端のテーブルの外側を手前に傾けています。決勝を前に、また動画をとるな、ネットに上げるなと言います。

 この地区からは2チームが北海道大会に進みます。問題を読む人が「それでは上位チームの発表」と言うのにかぶせて司会が「の前にルール説明」。運用のときの倍率の表は各チームの席に置いてあるそうです。

 1位は106点で帯広三条、2位は78点の帯広南商、3位は74点の帯広柏葉、4位は47点の帯広農、5位は45点の帯広南商、6位は34点の帯広南商です。成績に相当な開きがあります。ここで負けた3チームには専用の観覧席があります。この後、ウルトラクイズの曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

12回エコ甲十勝大会(その10)

 書店で「超問クイズ!真実か?ウソか?」の本が出ているのを発見しました。

 〇×クイズが100問近く載っていて、さらに「〇〇を50問答えられるのか」シリーズの実際の問題が載っています。それにしても、第1巻と書いてありますが、2巻は出せるのでしょうか。このところ〇×を全然やらなくなってきているし。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。「教えて!木村先生」が各対戦1回ずつあります。LINEで金をやり取りできるサービスがあるとか家計簿のクラウドのサービスとか話をします。
 3問目、急に簡単になって帯広南商が正解。4問目は社会人でないと聞く機会のない言葉でスルーです。5問目も社会人にならないと決してかかわらない言葉でスルー。6問目の正解はリコールですが、帯広南商が「クーリングオフ」と答えます。この対戦は1問しか正解が出ませんでした。

 ここで休憩です。いつの間にか一般の観客が10人をはるかに超えています。この後、の前に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

12回エコ甲十勝大会(その9)


 吉田豪がこんなツイートをリツイートしていました。

――――(ここから)――――

吉田光雄さんがリツイート
TH‏ @knsy2016
信じられない
東大王 全てひらがな表記の人物、グループ名を答えさせる問題
のんはタレント名鑑に掲載されてないから不正解だという
昨年あれだけ話題をさらった映画に出演し高い評価を得た人物をないものとして扱う
TBS、テレビ業界の陰湿さに背筋が凍った

――――(ここまで)――――

 そもそも正解の範囲の基準を決めておかないとクレームに対応できないからやってるのに、それはそれでこういうことを言ってくるのがいる。本当に抹殺したいなら不正解判定をカットするだろ。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ここで「教えて!木村先生」です。書くのを忘れていましたが、木村という人は、ナイツの土屋にそっくりです。ASEANが1967年8月8日に発足して、日本の重要な貿易の相手と言います。
 5問目、働き方についてでスルー。6問目、金融機関についてでスルー。結局さっきの勝ち抜けで帰っていても同じでした。

 C組は江陵の女子と芽室の女子と帯広南商の女子です。1問目、社会科で出てくる学者の名前でスルー。2問目、最近できた言葉でスルー。この組は問題が難しい。江陵は、何かのセミナーに行ってこの言葉を聞いたが思い出せなかったそうです。この後、前に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

12回エコ甲十勝大会(その8)

 高専ロボコンに行ってきましたが、会場で高専ロボコングッズをいろいろ売っていました。初めてではないでしょうか。NECがスポンサーだったころはこういうのをタダで配ってたし。思えば昔は高校生クイズも会場でグッズを売っていましたが、今は売るほど参加者が集まりませんからね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。3問目は政策に関する簡単な問題で帯広柏葉が正解。4問目は簡単な時事問題で帯広南商が正解です。5問目は普通のクイズでは出ない単語で帯広柏葉が正解。6問目は中学生の社会科で出てくる単語で帯広南商が正解してボーナスポイントを獲得します。

 B組は帯広南商の女子、帯広三条、帯広南商の女子です。帯広三条がサッカーのユニフォームに着替えています。1問目の正解は厚生年金ですが、帯広三条が国民年金と答えて不正解。1回休みだと座ることがわかりました。
 2問目、3問目、漢字4文字が続いて帯広三条が連取します。4問目はまた中学生の社会科で、帯広三条が勝ち抜け。すると残り2チームが勘違いして帰ろうとします。この後、思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

12回エコ甲十勝大会(その7)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 ラジコのタイムフリーで先週水曜日の広島FMの「9ジラジ」を聞いたら、「エコノミクス甲子園への道」が最終回でした。次の日曜日が広島大会で、「当日は見学もできるので」と言います。それならエコ甲の公式サイトにそう書けよ。

――――(ここまで)――――

 この翌週に、エコ甲広島大会の模様が放送されていたということに全然気づいていませんでした。番組のツイッターを見ると、リスナーが自由に観覧できるとはっきり書いてあります。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。過去に出た行員のアドバイスは続きます。「最後の問題は間違えても1回休みが関係ないから、わからなくても押すべき」。

 各チームはインタビューを受けるときは座っていて、クイズが始まると立ちます。1問目、問題文で答えを言っているような問題で、帯広南商が正解。2問目の正解はスキミングです。犯罪を問題にするエコ甲。スルーです。ここで突然「教えて!木村先生のコーナー」。木村というのは帯広信金の司会の人です。この地区はクイズの途中でいちいちこういうのがはさまるらしい。クレジットカードは国内で2億6000万枚とかフィッシング詐欺の話をします。この後、ユニフォーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

12回エコ甲十勝大会(その6)

 東京駅から東京ビッグサイトへ行くバスに乗っていると、途中で昨年の高クイ関東大会の会場の横を通ります。こんな大きさの建物に参加者全部が入れるようになってしまったのかと思います。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。前方の座席は最初のあいさつでだけ使ったようで、これを組み直して椅子がすべて右向きになります。観覧は北海道銀行の2人と私しかいなかったのに、早押しを前にいつの間にか8人も増えています。

 また動画を取るなと問題を教えるなを言います。ルール説明は、3チームの組しかいないので6問としか書いてありません。ダブルチャンスはないのでボタンを連打するなと2回繰り返して言います。

 A組は帯広農の女子、帯広南商の女子、帯広柏葉です。ここで、スタッフの中にも過去にエコ甲に出た人がいるということで、帯広信金の2人を紹介します。当時のチーム名も言われます。司会から早押しの極意をと聞かれます。「相方を信じて押すだけ。間違えても他チームの解答権を奪える」。そんなクイズのプロみたいなコメントができるのか。この後、教えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ