« 14回ウルトラナイト(その10) | トップページ | 14回ウルトラナイト(その12) »

2017年10月18日 (水)

14回ウルトラナイト(その11)

 以前こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 昨夜のTBSラジオの「興味R」で、プロ野球の球場の音声を聞くだけでアナウンサーにはどこかわかるのかというのをやっていたのですが、正解音も不正解音も完全に高校生クイズなのです。なんでTBSラジオがあの音を持ってるんだ。「たまむすび」に出たクイズ王が置いていったんじゃないだろうな。

――――(ここまで)――――

 先々週と先週は「二重音声クイズ」をやっていましたが、先週以降、高校生クイズ判定音を使わなくなって別の音に代わりました。どこかから文句がついたのでしょうか。

 それでは14回ウルトラナイトです。高齢の女性が「ビールっきり飲めないんです」と言うのを司会が理解できません。こういう東京方言的な言い方をする人がまだ残っているのか。
 思い出に残っている問題の続きで、「アラビア語でシャルバートが語源のデザート」。ソルトレイクでの敗者復活のバラマキです。ちゃんと考えれば答えられるのに、冒頭の「千夜一夜物語」であきらめていたそうです。あれから27年たってもシャーベットは意識するということです。

 「敗れた瞬間、最初に頭をよぎったのは」という質問で、アーチーズの三択で負けた人は「敗者復活で帰ってこられるのでは」。ここは2人負けて、なぜかこの日の夜だけ全員1人部屋だったので、勝者も、敗者復活があると思っていたそうです。この後、平和賞。

|

« 14回ウルトラナイト(その10) | トップページ | 14回ウルトラナイト(その12) »

コメント

高校生クイズはもちろん、ウルトラクイズで使われている「正解」「不正解」「考え中」の3つの音は、日本テレビはおろかどの番組のものでもなく、その機材を制作した「コマデン」がもともと音響商標を持っているそうです。

そのため、コマデンからこれらの音を利用する必要がある機材を購入していない法人格や個人がこの3種類の音を利用することを、コマデンは許諾していないそうです。

多分、そのせいでしょう。

実際の話として、ウルトラクイズと同じシステムをハット12個でコマデンに個人で発注した友人がおり、コマデンもきちんと見積書を出してくれたと言って見せてくれたことを思い出しました。そして、そのときの見積書の中に(金額は失念しましたが、確か万に近い数千円=4桁の額だったかと…)これら3つの音にもきちんと価格が記載されており、商品として扱われていたことがこのことからもわかります。

投稿: | 2017年10月24日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65931050

この記事へのトラックバック一覧です: 14回ウルトラナイト(その11):

« 14回ウルトラナイト(その10) | トップページ | 14回ウルトラナイト(その12) »