« 37回南九州大会(その31) | トップページ | 37回南九州大会(その32) »

2017年8月28日 (月)

37回地区大会の番組(その2)

 つくばエクスプレスに乗っていたら、車内広告で「科学の王国と秘密の暗号」というのが出ています。「今年の夏はつくばで自由研究を!」とあって、夏休みはつくば市内の研究所を見学できるサイエンスツアーバスがあるのですが、これで研究所を回ってクロスワードパズルの謎を解くのです。その広告に「筑波大学クイズ研究会監修!」。クイズ研究会がこんな権威づけに用いられる時代になったか。

 それでは地区大会の番組です。「出題するのはもちろんこの人」というナレーションで、桝アナがいきなりオリンピックとワールドカップの問題を出します。そして解答にはスマートフォンを使うという説明があって、○と×の比率が出るのですが、なぜか現場の表示を使わずCGをわざわざ作り直しています。

 ここでようやく番組のタイトルです。次にDAIGOが出てきて総理大臣の問題です。ボイメンとカミナリに振るところを映します。そして正解が発表されるのですが、実際はこの問題は全員に不正解という表示が出たためノーカウントになりました。そのため、喜ぶ高校生の姿をちゃんと映すことができず、画面をごまかしていました。この後、股間。

|

« 37回南九州大会(その31) | トップページ | 37回南九州大会(その32) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65720078

この記事へのトラックバック一覧です: 37回地区大会の番組(その2):

« 37回南九州大会(その31) | トップページ | 37回南九州大会(その32) »