« 37回南九州大会(その7) | トップページ | 37回南九州大会(その9) »

2017年8月 2日 (水)

37回南九州大会(その8)

 昨夜は緊急地震速報で、「ナナマルサンバツ」も裏でカズレーザーが東大生の答えられないクイズを作るやつも、画面が覆われていました。保存しようというアニメファンには耐えられないでしょうね。

 それでは南九州大会です。川島海荷の練習問題は、「47都道府県で一番使われている漢字は、川島海荷の島である」。クイズ番組では定番の知識で、それほど難しくないが知らない人は知らないという感じです。この先どういう出題傾向になるのか想像できます。

 14時になって、改めてオープニング映像が流れます。「朝の番組では考えられないテンションの桝太一です」。各地の会場の中継が入ります。沖縄で永野がジャスティスと叫んで、こちらの舞台上で池崎がつっこんでいます。「仙台といえば」で岡田結実が親のギャグの「ギュウ」をやります。南九州だけが中継前に熊本地震の説明をします。この後、最初から。

|

« 37回南九州大会(その7) | トップページ | 37回南九州大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65610526

この記事へのトラックバック一覧です: 37回南九州大会(その8):

« 37回南九州大会(その7) | トップページ | 37回南九州大会(その9) »