« クイズ王ビジネスセミナー(その22) | トップページ | クイズ王ビジネスセミナー(その24) »

2017年7月 2日 (日)

クイズ王ビジネスセミナー(その23)

 以前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 7色の十六茶のボトルが一瞬映りました。画面を止めて確認したら、地域限定のものが出るのか。早速名古屋で、中部・北陸限定というのを見つけました。今年の高校生クイズを各地区順番にやってくれれば、全部の種類のを飲めたのに。

 中部・北陸限定は名古屋駅に売っていますが、関東・甲信越限定というのが全然売っていません。一般のコンビニにはないのですが、今日ようやく、売っているスーパーを発見しました。マクラのネタがないのでこういう話。

――――(ここまで)――――

 JR東日本がやっているホームの自動販売機に、関東・甲信越限定が入り始めました。

 それではビジネスセミナーです。会場からの質問で、○×クイズの攻略法について。ドームにおいては答えがおもしろいまたは司会のコメントがおもしろい問題が出る。出題者の意図をくむ。しかしウルトラのスタッフはそのパターンを外す問題を4問目とか8問目に出す。ウルトラと高クイの○×は性質が違う、波長を合わせるために量をこなす、とクイズ作家が一通り説明したところで、「それを追い求めることがナンセンス。解けない方がおもしろい。いくらやっても答えがない。競馬に似ている。馬場とか体重とかパドックとかで勝つ馬がわかるという法則があったら成立しない」。
 後楽園の○×を解くために膨大な知識がほしいということで、○×を知識のモチベーションにしていたそうです。この後、満足感。

|

« クイズ王ビジネスセミナー(その22) | トップページ | クイズ王ビジネスセミナー(その24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65483189

この記事へのトラックバック一覧です: クイズ王ビジネスセミナー(その23):

« クイズ王ビジネスセミナー(その22) | トップページ | クイズ王ビジネスセミナー(その24) »