« 昔を語る事前番組(その2) | トップページ | 昔を語る事前番組(その3) »

2017年6月21日 (水)

クイズ王ビジネスセミナー(その16)

 豊洲市場が建っている汚染された土地で19回の高校生クイズが行われましたが、翌年には、加計問題で逃げの答弁を繰り返していた副大臣が生徒を引き連れて高校生クイズ北海道大会に出ていて事前番組になりました。20年近くたつと世の中いろいろ変わりますね。

 それではビジネスセミナーです。今度のクイズ王は、生まれた日が第1回ウルトラクイズの最終週の放送日の翌日だそうです。もしウルトラクイズが続いていたら第40回で、どんなルートになっていただろうと今でも妄想するそうです。

 どういう考えでクイズ番組の問題文を作るかという質問です。ネタの中でツボである部分。最大多数の最大幸福の気持ちよさにつながるところということです。ルールとか演出によって答えの見せ方が全部違う。例えばアップの画像からだんだん引いていくのがいいのかとか。
 するとウルトラクイズ王が、クイズ作家に一番近い職業は料理人だと言います。何月だとかどんなコースなのかとかでつねに作り方が違う。問題の並び順も、オードブルをどう出すかといったのと同じです。
 ビジネスの人が、売りたいときに商品の説明をいくらやっても意味がなくて、欲しいと思うようなプロセスを提示することが必要だと言います。この後、読み方。

|

« 昔を語る事前番組(その2) | トップページ | 昔を語る事前番組(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65438671

この記事へのトラックバック一覧です: クイズ王ビジネスセミナー(その16):

« 昔を語る事前番組(その2) | トップページ | 昔を語る事前番組(その3) »