« クイズ王ビジネスセミナー(その6) | トップページ | クイズ王ビジネスセミナー(その8) »

2017年6月10日 (土)

クイズ王ビジネスセミナー(その7)

 ウルトラクイズを白黒テレビで見たことを書きましたが、アタック25もよく見ていました。アタック25を始めるとき、白黒テレビではパネルの色がわからないという反対論が強かったそうですが、白黒で見ると本当に区別がつきませんよ。

 それではビジネスセミナーです。6回ウルトラの準決勝が5人だったことについて、人数が多すぎるが、これはチェックポイントが急になくなったからだという説があるがという質問があります。これに対する答えは、その前の回の準決勝が非常に盛り上がったので(「ウルトラクイズ史上最大の傑作選」では過去最高の戦いとして放送された)、人数を増やすとさらに激戦になるのではないかと思ったということです。私もそうだろうと考えていましたが。13回の準決勝の後で、これをやりたかったと言われたそうです。

 6回の宿で挑戦者が、ポーカーで負けたら罰ゲームで翌日のクイズは答えがわからなくても押すというのをやったそうです。もし三択だったらどうする。それなら全部1を出す。もし〇×だったら全部〇を出す。そしたら翌日のルイビルは、全部のクイズ形式をやるというものでした。この後、スタッフの立場。

|

« クイズ王ビジネスセミナー(その6) | トップページ | クイズ王ビジネスセミナー(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65392403

この記事へのトラックバック一覧です: クイズ王ビジネスセミナー(その7):

« クイズ王ビジネスセミナー(その6) | トップページ | クイズ王ビジネスセミナー(その8) »