« 日本人の質問(その82) | トップページ | 昔のYES-NO講座 »

2017年5月26日 (金)

適当に過去の番組

 アニメのナナマルサンバツの初回を先行上映するイベントのチケット購入抽選が当たったのですが、そのメールのタイトルが「抽選結果のお知らせ」です。タイトルがこのパターンだと、就職試験なら開かなくても不合格とわかるので(合格ならほぼ100%、「面接日程の案内」みたいになってる。私の過去の経験では、タイトルが「お知らせ」で合格だったことは1回しかない)。外れたと思って開かない危険性があります。

 それでは、過去のパソコン通信の文章のファイルから適当に開いたところで出てきた書き込みを載せます。

――――(ここから当時の引用)――――

>>『クイズターンオーバー』ってどうゆう番組だったのでしょう?

>>それと私が高校生の時『ファイト! 立命館vs一橋クイズ研対決』
>>を見ていたら解答者がアメフトの防具を付けてクイズをやったような番組の映像
>>が流れていましたが、これって何という番組でどんな形式だったんでしょう?

 それが「クイズターンオーバー」です。NHKで2回だけ制作されました。司会は小林克也と向井亜紀です。小林克也が「Turn over!」と叫ぶのが、パーフェクTVのCMの「reasonable!」と同じ笑いを誘います。

 見ての通り、アメフトのルールを取り入れたクイズです。2チームの団体戦で、「ランクイズ」「パスクイズ」「キッククイズ」という3種類のクイズに答えてヤード数を進めていくものです。ランクイズは映像クイズで、早く答えるほどヤード数が稼げるというものだったと思います。正解できないと相手に攻撃権が移ります。パスクイズは◯×で、正解する限り5ヤードずつ進めますが、不正解だと相手に攻撃が移るというものです。キッククイズは3人ずつぐらいでの早押しで、4回阻止されるまでに一定のヤード数進めればまた攻撃できるというわけです。攻撃側のチームが、3つのクイズのうちどれをやるか選びます。攻撃権を保持している限り、ゴールに近づいていくことができますが、攻撃が相手チームに移ると小林克也が「Turn over!」と叫ぶのです。勝敗の決め方は、実際のアメフトと同じです。

>>『あっちこっちマッチ』

 これは「霊感ヤマカン第六感」「ABOBAゲーム」「クイズなんでも一番館」と続いた、朝日放送の水曜夜の大阪ガス提供のクイズ番組が、ついにローカルになってしまったときにつくられた番組です(この枠でテレビ朝日は「クイズその時どうした」や「クイズ1、2の三枝」をローカルでやっていましたね)。司会は渡辺徹と佐野量子でした。一言で言えば神経衰弱です。朝日放送が大阪駅ビルに持っている「エキスタ」というスタジオには、4×4のマルチビジョンが配置されています。これを使って3チームで神経衰弱をやるのです。ただし、同じものが2枚隠れているというのではなく、関連のあるもの同士を結びつけるようになっています。ここがうまいところで、これで新しい風俗や変わった商品の紹介に結びつけることができます。したがって情報番組としてもよくできていました。全国ネットでなかったのがもったいないと思っていました。番組の前半と後半で16枚の神経衰弱を2回やって終わりだったと思います。

――――(ここまで)――――

 「あっちこっちマッチ」は、同じものをそろえる神経衰弱ではなく、あるものとそれに関する情報がペアになっているのです。開いたときにそれを紹介できるわけです。これは今でもテレビ番組で使えそうなやり方です。

 当時はまだ、パーフェクTVが合併してなかったんですね。

|

« 日本人の質問(その82) | トップページ | 昔のYES-NO講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65330080

この記事へのトラックバック一覧です: 適当に過去の番組:

« 日本人の質問(その82) | トップページ | 昔のYES-NO講座 »