« 東大医学部の異端児ナイト(その24) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その26) »

2017年4月22日 (土)

東大医学部の異端児ナイト(その25)

 「ガッテン!」の再放送を見ていたら、心臓が酸素が少なくても活動できるようにミトコンドリアの機能を高めるのに、心拍数を110ぐらいにする運動がいいといいます。ゲストが踏み台昇降をすると、麻木久仁子の心拍数がちょうど110になります。すると志の輔が「さすがクイズ女王」。最近クイズで見ることはありませんが。

 それではカルチャーカルチャーです。高校生クイズに来る人が、オリンピックの日本の金メダルと答えます。夏季と冬季が交ざっているので1回おきに数が大きく減っています。相手は無解答です。これで優勝が決定しました。
 東大の人が賞状の名前を書きます。ただし優勝者が偽名をかたっているので、その名前になります。左利きであることがわかりました。そして慶応の人の本ももらえます。

 クイズが終わって再び質問です。7歳の人から、東大生になりたいが、どんな勉強をしていたか。私が7歳のころは、世の中に東大なんていうものがあることを知りませんでしたが。この後、限界。

|

« 東大医学部の異端児ナイト(その24) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65180849

この記事へのトラックバック一覧です: 東大医学部の異端児ナイト(その25):

« 東大医学部の異端児ナイト(その24) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その26) »