« 東大医学部の異端児ナイト(その8) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その10) »

2017年4月 6日 (木)

東大医学部の異端児ナイト(その9)

 岩手銀行のイメージキャラクターが、のんになって、入社式にも登場したそうですが、そこまでのことができるなら、エコノミクス甲子園岩手大会の主催を復活してほしい。

 それではカルチャーカルチャーです。今回の客は230人であることがわかりました。通常は100人程度でしょうから、いかに大量に受け付けたかがわかります。そのほとんどが女性です。女性とクイズについて慶応の人が、「7年前、最初に行ったクイズ大会は100人のうち女性2人だった。今は各クイズ研に女性が2人か3人いるくらい」。

 次に大会前日に何をするという話の中で東大の人が「誤答」と言ってから答えを間違えると言い直します。客がクイズの素人であることを意識してしゃべっているのか。長く寝ていても、だるそうな顔をしていると言われるそうです。この後、パワプロ。

|

« 東大医学部の異端児ナイト(その8) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65114705

この記事へのトラックバック一覧です: 東大医学部の異端児ナイト(その9):

« 東大医学部の異端児ナイト(その8) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その10) »