« 東大医学部の異端児ナイト(その7) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その9) »

2017年4月 5日 (水)

東大医学部の異端児ナイト(その8)

 新聞を読んでいたら、北星学園余市高校が今年度の入学者が70人を超えて、とりあえず今年の廃校は免れたという記事が出ていました。17年前のように学校で高校生クイズ北海道大会に出て特番にしてもらったらどうでしょうか。今は予選の番組が放送されないからだめか。

 それではカルチャーカルチャーです。私の同級生で1回だけ高校生クイズでチームを組んだ人も、笑福亭鶴瓶を知らなかったのを思い出しました。医学部の人はピアノを10年やっていて楽譜が読めるそうです。そういえば高校生クイズでチームを組んでいた別の人が、「自分が頭が悪くて一流大学に入れない場合に備えて」という理由でピアノをずっとやっていたのを思い出しました。

 クイズを作るコツについて。自分がおもしろいと思った問題を出すということだそうです。司会が「今まで出合っておもしろかったクイズ問題は」と聞くと答えに詰まります。すると司会が「あと100問ぐらい質問がありますからね」。会場がざわめきます。

 ここでゲストです。慶応大のAO入試にカイコの研究で合格して、「恋する昆虫図鑑」は出版甲子園グランプリを取って販売にこぎつけたが「全然売れませんでしたね。親が300冊買って」。この後、言い直し。

|

« 東大医学部の異端児ナイト(その7) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/65111138

この記事へのトラックバック一覧です: 東大医学部の異端児ナイト(その8):

« 東大医学部の異端児ナイト(その7) | トップページ | 東大医学部の異端児ナイト(その9) »