« 11回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その25) »

2017年2月28日 (火)

11回エコ甲全国大会(その24)

 まさかの「東大王」レギュラー化が発表されましたね。あれを毎週やって見るか? 前番組より短い期間でいつの間にか放送されなくなるということにならないか。どうせ勝てないなら徹底的に無理そうな企画を試してみようということでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ラストの6問目。NISAの歴史についてです。私は初耳ですが不正解は2チームのみ。10位の富山が12位に、そして2位の並木が一気に9位に落ちます。勝ったのは灘、羽水、金大附属、福島です。11位にいた福島がいつの間にかここまで上がっていました。逆に並木はずっと4位以内にいたのに最後だけで命取りになりました。勝者インタビューで灘が「エコ甲は毎回ルールが工夫されていて、やってて楽しいです」。

 次の対戦は上位から東大寺学園、聖光学院、札幌南、お茶の水女子大附属、東葛飾、甲陽学院、八代、観音寺第一、新潟、致遠館、秋田、滝です。この後、恒例の計算。

|

« 11回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64950612

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲全国大会(その24):

« 11回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その25) »